ボディタオルで洗うより、手のひらで洗った方が肌がしっとりするって本当?


ボディタオルは使わずに「手のひら洗い」でうるもちボディに!

ナイロンなどでできたボディタオルでゴシゴシ身体を洗うと、汚れがしっかり取れて気持ちがいいですが、実はボディタオルで擦り洗いしなくても、浴槽に浸かることで身体の汚れは80%落ちると言われています。

手のひらで洗うと夏場は特にさっぱりしない、というイメージがありますが、ボディタオルで擦り洗いをすると必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥肌につながってしまう可能性があるのです。

手のひら洗いでもちもちのしっとり肌を手に入れてみませんか?

ボディタオルを使わずに手のひらで洗うコツ


ボディタオルは使わずに「手のひら洗い」でうるもちボディに!

今までボディタオルを使って身体を洗っていた方にとっては、手のひら洗いに変えるのは抵抗があるのではないでしょうか。ですが、手のひらで洗うだけで十分に汚れを落とすことができ、清潔な状態をキープできると言われているのです。

手のひらで身体を洗うコツは、泡立てネットを使ってたっぷりの泡を作っておきます。キメの細かい泡を肌の上に乗せておくだけで汚れが浮いて落ちるとも言われているので、泡を肌と手のひらの間のクッションに見立てて軽くタッチする感じで洗っていくといいでしょう。

また、夏になると汗などの臭いが気になりますよね。そんなときにはボディソープを使うよりも、固形石鹸を使うことをおすすめします。ボディーソープには、たくさんの界面活性剤が使われているものが多く、必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌自身が守りに入って皮脂の過剰分泌を促すとか。すると余分に分泌された皮脂が雑菌と混ざることで体臭につながってしまう場合もあるようです。

一方で、石けんはアルカリ性でできており、酸性の皮脂を落とす時に中和されるため、洗浄力が丁度よくなるので潤いをキープしながら汚れを落とすことができるでしょう。脇の下や耳の裏、膝の裏や足の指など、体臭の原因となる部分は指先を使って念入りに洗ってくださいね。

手のひら洗いでしっとり潤いのあるボディづくりを!


手のひら洗いだと汚れが落ちないと思っていても、キメ細かい泡で肌に優しくタッチするように洗うだけで汚れを十分に落とすことができるそうなので、お気に入りの香りがついた石鹸やボディソープを使って、優しい手のひら洗いにトライしてみてくださいね。