オイリー肌 or インナードライ肌? セルフチェックしてみよう


オイリー肌だと思っていたらインナードライ肌だったときの正しいケア

10代の頃は皮脂の分泌が多くオイリー肌だったという方も、年齢を重ねるにつれて肌の中が乾燥しているインナードライ肌に悩む方が増えてきているようです。

インナードライ肌の特徴は、肌表面がテカテカしていたり、皮脂の分泌が多くても肌の内側の角質層が乾燥していたりと水分不足な状態です。まず、自分の肌がオイリー肌かインナードライ肌かを見極めるには、洗顔後の肌をよく見てみてください。

洗顔をしてから何もつけずに5分ほど放置しておき、次第に皮脂が分泌されてしっとりしているならオイリー肌。肌がつっぱったり乾燥を感じるならインナードライ肌だと言われています。

ずっとオイリー肌だと思いこんでいて、皮脂を取り除くケアなどを重視していると、インナードライ肌がより悪化してしまう場合があるため自分の肌と向き合ってあげましょう!

インナードライ肌は徹底的な保湿ケアに力を入れて


オイリー肌だと思っていたらインナードライ肌だったときの正しいケア

インナードライ肌の場合、黒ずみや毛穴詰まりのケアを過剰にしすぎると肌が急激に乾燥し、肌が自分を守ろうとして皮脂の過剰分泌が始まることがあります。毛穴の詰まりや黒ずみを取り除きたいのに肌の乾燥が気になるインナードライ肌は、化粧水や美容液などで潤いを与えてあげましょう。

洗顔後、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が含まれた化粧水をコットンにひたひたになるくらい含ませて顔全体に伸ばします。その後、手のひらに適量の化粧水を取り、2〜3回に分けてゆっくり浸透させていきましょう。

美容液は、顔全体に塗った後に乾燥が気になる部分に重ねづけをしましょう。手のひらで温めて肌に浸透したのを確認してから、乳液を薄く伸ばして潤いに蓋をしてくださいね。

また、インナードライ肌はデリケートなので、界面活性剤が含まれていないものやアルコールフリーのもの、敏感肌用の基礎化粧品を選ぶのもポイントです。オイルなどの油分よりも、化粧水や美容液の水分を重視したスキンケアを毎日続けていきましょう。

インナードライ肌向けの正しいスキンケアで潤いをキープ


インナードライ肌のスキンケアは、水分や潤いを補給することを重視することで、肌の保湿力が高まり、角質層が潤うことで皮脂の過剰な分泌が改善されるとも言われています。

無理な角質ケアや毛穴ケアをするのではなく、肌にたっぷりの潤いを与えてインナードライ肌をケアしてみてくださいね。