夏になると特に頭皮の臭いが気になる…


女性の多くが悩んでいる!?  夏の「頭皮臭い」を徹底ケアする方法

汗をたくさんかく夏は、頭皮がベタついてふとした瞬間に臭いが気になってしまいますよね。脇や腕、足などの汗や臭いが気になったときは汗拭きシートで拭い、制汗スプレーなどを使ってサッとケアすることができますが、頭皮には使えませんよね。

仕事中だったりヘアセットをしていたりすると、頭皮の臭いが気になってもすぐにシャンプーすることができないため、頭皮の臭いをケアするのは難しいのが現状でしょう。ですが、日頃の頭皮ケアを続けておくことで気になる頭皮の臭いを改善することができると言われています。

毎日続けたい!簡単にできる頭皮の臭い対策


女性の多くが悩んでいる!?  夏の「頭皮臭い」を徹底ケアする方法

そもそも頭皮の臭いが気になる原因は、頭皮から過剰に皮脂が分泌されて紫外線により酸化しやすいことや、ターンオーバーが乱れて古い角質が残っていることなどがあげられます。

頭皮の臭いが気になるからといって、ヘアコロンやフレグランスをつける方がいますが、これらは消臭効果があるわけではなく、香りで上書きをしているだけ。頭皮の皮脂の臭いとヘアコロンやフレグランスが混ざると、さらに酷い臭いを発してしまう可能性があるので注意が必要です。

頭皮の臭いに気付いて焦るよりも、日頃からしっかりケアをして頭皮の臭いを予防しましょう。
頭皮のケアをするには、毎日のブラッシングとシャンプー、ドライヤーでしっかり乾かし、紫外線対策をすることがポイントです。

シャンプーをする前に、キメの荒いブラシで頭皮から優しくブラッシングをし、ぬるま湯で頭皮の汚れを指の腹でマッサージするように洗い流します。

さらに頭皮ケアを目的としたスカルプシャンプーや育毛シャンプー、薬用シャンプーを使うと効果的。また泡立てていないシャンプーを使うと頭皮が傷ついてしまうため、しっかり手のひらで泡を立ててから指の腹で丁寧に洗いましょう。

ゆすぎ残しがないようにぬるま湯でしっかり洗い流したら、できるだけ早くドライヤーで乾かします。湿ったままの状態だと頭皮に雑菌が繁殖しやすいので、特に頭皮をしっかり乾かしてくださいね。

また、頭皮から分泌される皮脂が紫外線に当たると酸化しやすくなって臭いを放ってしまうことがあるため、外出する際は、帽子や日焼け止めスプレーをして頭皮に紫外線が当たらないように対策しましょう。

頭皮の臭いに焦る前に日頃からヘアケアを!


デートのときに頭皮の臭いに気づいて焦るのではなく、毎日のブラッシングやシャンプー、ドライヤーや紫外線対策による頭皮ケアで臭いを予防しておくと安心ですよ。

夏は特に頭皮トラブルが増えてくるので、正しいヘアケアで頭皮を清潔に保つように心がけましょう。