プールで肌荒れが起きる原因とは?


プールの塩素で肌荒れに?気をつけたい夏の肌トラブル予防法!

プールにはたくさんの人が泳いだり、遊んだりしているため、プール熱などの感染症にかからないよう、一定の濃度で塩素消毒をしています。この塩素が肌にダメージを与えてしまうことがあるのです。

肌の表面には、水分を保つ保湿機能や刺激から守るバリアの働きがあるのですが、塩素はこれらの働きを弱めてしまうと言われています。そのため、肌の水分を蒸発させて紫外線などの刺激物質を肌の奥へ浸透させてしまうことがあり、かゆみや肌荒れなどの症状を発生させる可能性があるそうです。

プールによる肌荒れを防ぐには?


プールの塩素で肌荒れに?気をつけたい夏の肌トラブル予防法!

まずプールからあがったら、シャワーで全身についた塩素を洗い流しましょう。シャワーの後は、濡れた顔や体を優しくタオルで拭き取り、クリームなどで肌を乾燥からしっかり保護しましょう。

しかし、シャワーだけでは塩素を洗い流すのは難しいため、入浴時などに湯船にしっかり浸かることをおすすめします。汗をかくことで汗腺につまった塩素を流すことができるとか。塩素を洗い流そうとして、ボディブラシなどでゴシゴシ洗うのは、かえって塩素で傷ついた肌にダメージを与えてしまうことがあるので止めましょう。お風呂あがりには、スキンケアを忘れずにしてくださいね。

プールの塩素がもたらす影響


プールからあがった後、髪がギシギシすることがありますよね?プールの塩素は肌だけでなく、髪にも影響を与えやすいそうです。

肌と同じように、シャワーでしっかりと塩素を洗い流すことも大切ですが、髪が乾く前はキューティクルが開いているので、とても傷みやすい状態です。クシやブラシでとかさないように注意しましょう。

こまめに塩素を洗い流して美肌・美髪を維持しましょう!この夏はプールで楽しい思い出作りができそうですね。