夏はあらゆるダメージで乾燥肌が深刻化しやすい…


夏こそ力を入れるべし!乾燥肌さんのための夏用スキンケアとは?

夏は汗をかいたり、皮脂が分泌されやすいため冬と比べると乾燥が気にならないという方が多いはず。ですが、夏は紫外線や冷房の効いた部屋などで肌にダメージを受けやすく、しっかりスキンケアをしないと乾燥肌が深刻になりやすいとも言われています。

カサカサの乾燥に悩まないためにも、夏のスキンケアを始めてみませんか?

乾燥肌さんにおすすめの夏仕様スキンケア


夏こそ力を入れるべし!乾燥肌さんのための夏用スキンケアとは?

乾燥肌さんの夏のスキンケアは、クリームやオイルなどの油分よりも化粧水や美容液、パックなどを使った水分重視のスキンケアがポイントです。

まず、夏の乾燥肌ケアとして重要なのが、紫外線対策。紫外線を浴びると、肌の弾力を担うコラーゲンやエラスチンが破壊されて肌の潤いが不足してしまいがち。肌への負担が少ない紫外線乱反射剤を使ったノンケミカルの日焼け止めがおすすめです。さらに保湿力の高いクリームタイプのものを選ぶと、一日中潤った肌を保つことができるでしょう。

夏はエアコンの効いた室内にいる機会が多いため、空気が乾燥して肌もカラカラになりやすいです。暑さやベタつきからスキンケアを省きたくなりますが、しっかり保湿ケアをしていきましょう。

洗顔後に導入美容液を塗って肌を柔らかくしてから、化粧水を手のひらに適量のせて肌になじませることを2〜3回繰り返すと浸透力がアップしやすいです。目元や口元は特に乾燥しやすいので、コットンに化粧水をひたひたに染み込ませてパックするのがおすすめです。潤いや美容成分を逃さないためにも、乳液やクリームを薄く伸ばし、手のひらで温めるようにハンドプレスをすれば完了です。週に2回ほどはセラミドやヒアルロン酸が高配合されたパックをして肌に栄養を届けてあげましょう。

また、日中はスプレーボトルに入れ替えた化粧水をこまめに振りかけて、常に乾燥させないようにすることも大切です。乾燥によるメイク崩れが気になるときには、ミスト化粧水を顔全体にスプレーし、軽くティッシュオフしてから高保湿タイプの美容液を馴染ませて、上からルースパウダーをのせるとしっとりとした肌に生まれ変わるでしょう。

夏の乾燥肌対策は身体を冷やさないことも大切!


夏の乾燥肌対策はスキンケア以外にも、温かい飲み物を飲んで身体を冷やさないこともポイントです。水分が不足すると肌の潤いも減少してしまうので、温かい白湯やお茶をたくさん飲んで、水分補給を心がけてくださいね。