夏が旬!さくらんぼの種類について


エアコンで乾燥しがちな肌に潤いを! 夏が旬の「さくらんぼ」特集

さくらんぼは、植物学上では桜桃(おうとう)と呼ばれており、バラ科サクラ属に属し、桜の実を表す「桜ん坊」が変化してさくらんぼと言われるようになったそうです。日本でメジャーな佐藤錦やアメリカンチェリーなど、世界中でさまざまな品種が作られています。代表的な品種を一部ご紹介します。

【佐藤錦】
日本を代表する品種で「赤いルビー」とも呼ばれています。知名度も生産量も国内ではかなり高く、さわやかな甘さがある品種です。

【アメリカンチェリー】
輸入されているさくらんぼを総称してアメリカンチェリーと呼ばれていますが、全てがアメリカ産と言う訳ではないそう。ニュージーランドやトルコからの輸入品も増えているようで、レイニアやビングが代表的な品種です。

【ナポレオン】
ヨーロッパで18世紀初頭から栽培されていたとか。大粒で、たっぷりの甘さの中にほのかな酸味が感じられる品種です。

日本でさくらんぼが栽培されるようになったのは、明治以降だそうです。ドイツ人のガルトネルが明治元年、北海道に黄桃の木を植えたのが始まりだと言われています。

夏に嬉しい!さくらんぼの健康・美容効果について


エアコンで乾燥しがちな肌に潤いを! 夏が旬の「さくらんぼ」特集

今の時期が旬のさくらんぼには、夏に嬉しい効果がたくさんあるそうですよ!

【夏バテ・疲労回復効果】
さくらんぼの主成分は、ブドウ糖などの糖質。そのためエネルギーへの転換が速いと言われています。さらに、酸味に代表される成分はクエン酸・リンゴ酸・コハク酸などの有機酸で、代謝を高め、疲労回復に効果が期待できます。また、クエン酸は食欲を増進させる作用もあるそう。カリウムも含まれているため、夏バテ対策にもぴったりな食材でしょう。

【美肌効果】
粘膜や皮膚を正常に保つとされるβ-カロテン(ビタミンA)や、メラニンの生成を抑え、美白に効果があると言われているビタミンCが豊富に含まれています。また、さくらんぼに含まれる抗酸化物質は、肌の老化を防ぐ効果が期待できます。
さらに、ヒアルロン酸の合成を活性化させると言われているβ-クリストキサンチンや、保湿作用があるとされるソルビトールも含まれているため、乾燥肌の改善にも効果が期待できます。エアコンで肌が乾燥しがちな夏には嬉しい効果ですね!


いかがでしたか?見た目がかわいらしいだけではなく、夏を元気よく、きれいに乗り切るための成分もたっぷり含まれているため、積極的に食生活に取り入れていきたいですね!ぜひ実践してみてください!