なかなか治らない厄介な赤ニキビができる原因って?


今すぐなんとかしたい!ぽつんとできた赤ニキビの効果的なケア方法

そもそも赤ニキビの原因は、毛穴に古い角質や汚れ、皮脂などが詰まってできた白ニキビが毛穴の中で炎症することでできると言われています。

赤ニキビは、炎症した状態であるため痛みを感じやすいのですが、早くなんとかしたいからといって自分の手で潰すと色素が沈着してニキビ跡になってしまうことがあるので絶対禁物です。

炎症を起こしているデリケートな赤ニキビのケアを間違えると、ニキビ跡や炎症が悪化してしまう場合があるため要注意。赤ニキビは丁寧なスキンケアと効果的な薬を使って対処していきましょう。

丁寧なスキンケアと赤ニキビに有効な薬を使ってケアしていこう


今すぐなんとかしたい!ぽつんとできた赤ニキビの効果的なケア方法

赤ニキビができている=皮脂分泌が多いというイメージがありますが、肌の表面が皮脂で潤っていても肌の中が乾燥してニキビができてしまうケースもあるため、赤ニキビができていても保湿ケアが必要です。

赤ニキビができているときは、ピーリングやゴマージュ、スクラブは避けて、もこもこの泡を立てた洗顔料を使って優しく洗顔をしていきましょう。ぬるま湯でしっかり洗い流したら、綺麗な柔らかいタオルで軽く水気を切り、すぐに保湿ケアに取り掛かります。

様々な基礎化粧品がありますが、中でも赤ニキビに効果的なのがビタミンC誘導体などの抗炎症作用が含まれた化粧水などの基礎化粧品。ビタミンC誘導体は、赤ニキビの炎症を和らげつつ、ニキビ跡をケアしてくれる成分です。化粧水を清潔な手のひらで温めて、何回かに分けながら馴染ませていきましょう。乳液は厚塗りせずに薄く伸ばすのがポイントです。

また軽度の赤ニキビならドラッグストアで手に入る市販薬で炎症を抑えることができると言われています。ステロイドと抗生物質が入っている市販薬でアクネ菌を殺菌して炎症を抑えたり、ステロイドの副作用が不安な方は、非ステロイド軟膏を使うといいでしょう。顔全体に塗るのではなく、赤ニキビができた部分にだけ塗るようにしてくださいね。

赤ニキビが治らなかったり、炎症が悪化している場合には早めに皮膚科へ!


でき始めの軽度な赤ニキビなら、ホームケアで炎症を抑えることができると言われていますが、なかなか赤ニキビが治らなかったり、炎症が続いている場合には早めに皮膚科で診てもらいましょう。適切な処置と、自分に合った塗り薬や内服薬、漢方などを処方してくれますよ。

赤ニキビにならないためにも、生活習慣を見直して健康的な生活を送ってくださいね。