美白ケアの効果を発揮するなら、保湿ケアを見直して!


美白ケアは肌の保湿ケアがしっかりできているとより効果的!

美白ケアと保湿ケアは一見別物に見えますが、実はとても深い関係があるのです。肌が乾燥していて角質層のバランスが乱れていると、美白有効成分がお肌にしっかり届かないままになってしまい、効果を発揮しにくいのです。

せっかく高価な美白化粧品を使っても、肌の角質層が潤い不足だと浸透力が低下し、美白ケアはうまくできません。保湿ケアをして、角質層をしっかり潤いで満たし、お肌の土台をつくることから美白ケアを始めていきましょう。

美白ケアの前に保湿ケアをしてお肌を潤いで満たすコツ


美白ケアは肌の保湿ケアがしっかりできているとより効果的!

季節を問わず、保湿ケアで乾かないお肌をつくることが大切です。潤いで満ちた肌になるには、常に保湿ケアに力を入れて、潤い成分を補ってあげましょう。

洗顔後はセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸入りの化粧水を手のひらに取り、温めながら2〜3回にわけて肌に馴染ませていきます。日中は、乾燥が気になる前にメイクの上から使えるミスト化粧水で保湿すると乾燥を防げるでしょう。

油分よりも水分を重視したスキンケアをすることで角質層のバリア機能が高まり、肌に必要な水分をしっかりキープできるでしょう。肌の保湿ができたところで、いよいよ美白ケアに取り掛かります。あらかじめ保湿化粧水で、角質の細胞と細胞のスペースを広げてあるので、美白有効成分がよりお肌に届きやすくなります。惜しげも無くたっぷりと美白化粧水や美白美容液を使って潤いでひたひたにしてあげてくださいね!

美白化粧品のつけ忘れにも注意して潤いで満ちた透明肌に


保湿ケアをして肌の土台をつくってから、美白化粧品を使うとより肌に浸透しやすいのですが、ムラなく全体的につけてあげることがポイントです。特に頬からこめかみにかけてシミが現れやすく、美白化粧品をつけ忘れやすいので要注意!紫外線が当たりやすい部分は重ね塗りをして、透明感のある美白肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。