夏はベタつき汗による肌トラブルが増えてくる季節…


夏は特に気をつけたい!ベタつき汗がもたらす肌トラブルと対策とは?

汗は体温を一定にキープする働きがあり、体温が急激に上がった時に汗を出して体温を下げる働きがあると言われています。

汗をかくと健康にいい!と聞きますが、サラサラ汗ではなくベタつき汗が顔についたまま放置していると、毛穴が詰まって、黒ずみやニキビ、吹き出物、乾燥やかぶれなどを引き起こす場合があるそうです。

夏は紫外線による肌トラブルも増えてきますが、忘れがちなのが顔のベタつき汗対策。汗をかいたあとにしっかりケアしてあげることで、これらの肌トラブルを防ぐことができるでしょう。

汗で肌が潤っているのは勘違い!? 正しいケアって?


夏は特に気をつけたい!ベタつき汗がもたらす肌トラブルと対策とは?

顔から汗が出ていると、一見肌が潤っているかもと勘違いしてしまいがち。汗には体温を下げる働きがありますが、汗による保湿効果はありません。

汗をかいてそのまま放置しておくと、角質層が汗などの水分を吸収してふやけてしまい、肌に傷がつきやすくなるとも言われています。それだけでなく、汗をかいたままだと肌がアルカリ性になり、細菌などが繁殖しやすい状態に…。汗をかいたら、できるだけ早く汗を拭き取ることを心がけましょう。汗を拭き取るときには、清潔で柔らかいタオルや、綺麗なパフを使って擦らず優しくタッチするように行うのがポイントです。

自宅ではたっぷりの泡を使って丁寧な洗顔をしていきます。汗をかいて蒸発するときに、肌に必要な潤いも一緒に蒸発してしまうそうなので、保湿ケアは絶対に欠かせません。洗顔後は、化粧水を3〜4回にわけてゆっくり馴染ませて、ハンドプレスをしながら浸透させていきましょう。化粧水や美容液の水分を重視したスキンケアをして、乳液やクリームを薄く伸ばして潤いに蓋をします。

夏はしっかり汗対策をして肌トラブルとは無縁に!


汗をかいていると肌表面が潤っていると思いがちですが、汗が蒸発するときに肌の水分も蒸発して肌の内側が乾燥してしまうため注意が必要と言われています。

日中に汗をかいたときは、清潔なパフやスポンジでこまめに汗を拭い、ミスト化粧水などで保湿をしてあげてくださいね。