夏は特に目元が乾燥しやすい!老化を防ぐためにもしっかりアイケアを


デリケートな目元を守って老化を防ぐ!自宅でできるアイケア術

肌全体や目元の乾燥は、冬に深刻になりやすいイメージがありますが、夏も注意が必要です。汗をかいて肌表面が潤っているように感じますが、汗が蒸発するときに肌の水分も一緒に蒸発して奪われてしまいます。さらに、紫外線により肌の弾力をつくるコラーゲンやエラスチンは破壊されやすく、冷房の効いた部屋にいるときには空気が乾燥している状態に…。

特に目元の皮膚は、たった0.5mm程度しかないそうなので潤いをキープするのは難しく、乾燥を放置しておくと小ジワになりかねません。目元の老化を防ぐためにも、アイケアに力を入れてみませんか?

デリケートな目元を労わる簡単なアイケアとは?


デリケートな目元を守って老化を防ぐ!自宅でできるアイケア術

スマートフォンやパソコンで目を酷使しすぎたり、花粉や目の疲れなどでつい目を擦りたくなったりしますが、目元の皮膚はとても薄いため少し擦るだけでも負担となる場合があります。目が疲れたと感じたら、ビタミン入りの目薬をさしたり、ホットアイマスクで目元の血流を良くしてあげましょう。

アイシャドウやアイライナー、ウォータープルーフマスカラなどのアイメイクは、特にしっかり落とさないと色素が沈着してクマに見えてしまいます。完全に落としたいからといって、クレンジングでゴシゴシ擦るのは禁物。ポイントリムーバーを使ってコットンで優しくオフしていきましょう。ポイントリムーバーは、洗浄力が強いため、あらかじめ目の周りの皮膚にワセリンやオイルをつけて保護しておくとクレンジングによる乾燥を防ぐことができるでしょう。

小ジワなどの目元の老化を防ぐには、なによりも保湿ケアが欠かせません。目元は皮脂腺が少なく、潤いを保つのが難しいため、アイクリームや目元用美容液を使って毎日しっかり保湿をしていきましょう。時間があるときには、アイクリームや目元用美容液を塗った後に高保湿化粧水をコットンにひたひたに含ませて目元に置き、さらにホットタオルを上に当てて3分ほどパックをすると浸透力がアップするのでおすすめです。

仕上げに目の周りにある骨のくぼみに沿いながら、目頭から目尻に向かって優しくマッサージをしていきます。軽くプッシュするだけでOKなので、保湿ケアの後に習慣づけてみてくださいね。

簡単なアイケアで老化知らずの目元へ!


冷房の効いた部屋にいると日中や夕方にかけて、目元が乾燥してメイクが崩れやすくなってしまいますが、カサついた部分に乳液を薄く伸ばしてしっかり浸透させたあとにルースパウダーをつけるとお直しが簡単です。

自宅でできるアイケアを毎日続けて、目元の老化を予防してみてはいかがでしょうか。