【蚊による肌トラブル】刺されやすいのはどんな人?


蚊に刺される前に!露出の多い夏肌を守る「蚊の対策」とは?

夏にやっかいな虫といえば「蚊」を思い浮かべる人も多いでしょう。刺されると痒くなるし赤くなるし…、余計な肌トラブルは避けたいところですよね。

そんなお肌の大敵ですが、実は蚊に刺されやすい人と、そうでない人がいることをご存知ですか? たとえば、蚊は湿気が好きなので、汗をかいている人や体温の高い人、夜行性のため暗い色の服を着ている人もターゲットになりやすいと言われています。

蚊が活発に活動するのは夜が多いそうです。そのため、一日働いて疲れた体をゆっくりと休ませたい夜、寝静まったころにどこからともなく耳元でプーン…、本当にイライラさせられますよね。でもなぜ蚊は、あんなにも耳ばかり攻めてくるのでしょうか?

実はこれにはカラクリがあるのです。あのプーンという不快な音は、蚊が羽を動かすことで発生する高周波の音。つまり空気の振動によって聞こえています。

耳の穴の中に入りそうなほど近くに聞こえますが、実は15cmほど離れたところを飛んでいると言われており、耳というよりも顔や肩などの周辺を飛んでいることが多いのです。これは口から排出された二酸化炭素に蚊が引き寄せられているためなのだそうです。

【蚊による肌トラブル】刺されないためにはどうすればいいの?


蚊に刺される前に!露出の多い夏肌を守る「蚊の対策」とは?

室内であれば、簡単に蚊を寄せつけない方法があります。それは扇風機を使うことです。蚊の飛行能力は低く軽いため、扇風機を回しておけば蚊は飛ばされやすく近づけないでしょう。

また蚊は体の匂いや汗の匂いに近づいてくるので、汗をかいたときはシャワーで汗を流したり、体の匂いを落としたり、清潔にしておくことが大切です。

さらに蚊の嫌いな匂いを放つのも効果的です。アロマオイルや、アロマを配合したボディークリームなどもおすすめですよ。レモングラスやラベンダーなどのハーブは、蚊の嫌う匂いと言われています。

蚊の対策をしっかりして美肌もキープ! 夏を思いっきり楽しみましょう!