冷房をつけて眠るとだるいのはなぜ?冷房と寝起きのだるさの関係は?


近頃寝起きの私は、だるい、ブサイク… これって×× 病なの?

寝苦しい熱帯夜の続く8月。近頃は、就寝時であっても熱中症の危険性が高いことが知られるようになったため、冷房をつけたまま眠りにつく人も多いのではないでしょうか。

エアコン自体の機能も昔よりも多様になり、単純に「冷房=体に悪い」というものではなくなりました。とはいえ、冷房をつけたまま眠ると、寝つきはよくても、朝目覚めたときにだるさを感じることもしばしば。そうなると「これって、疲れは取れてるの?むしろ、眠る前よりも疲れてる?」そんなことをぼんやりとした頭で考えてしまうものです。睡眠は欠かすことのできない体と心のメンテナンスタイム。小さな違和感をそのままにしておくと、あとで大きな体調不良を引き起こす原因にもなりかねませんので要注意です。

寝起きのだるさを感じる要因は、冷房による「冷えすぎ」とそれが引き起こす自律神経の乱れによるものと言われています。朝目覚めてから夜に向けて上がっていった体温は、眠りにつくと同時に代謝を抑えるために下がっていきます。しかし、室温が低すぎると必要以上に体温が下がってしまうため、それを調整するために体温をあげようと体が機能し続けて十分に休むことができない状態になることも。それが、だるさや頭痛などの「冷房病」の症状として現れるのです。

また、冷えや自律神経の乱れは肌荒れやくすみへも影響を及ぼすことがあるため美容面でも「冷房病」は大敵と言えるのです。

寝起き美人になりたい!「美眠」を誘う上手な冷房の使い方


近頃寝起きの私は、だるい、ブサイク… これって×× 病なの?

「冷房病」と言っても冷房そのものが悪い訳ではありません。あくまでも体調を崩す要因は「冷えすぎ」や「激しい温度差」です。私も冷房は体調を崩す原因だと思っていたので「冷房は出来るだけ使わないこと」が夏を元気に乗り切るモットーでしたが、今では「上手に冷房を使うこと」を大切にして冷房を味方につけています。

それでは、冷房を味方につけて「美眠」と「寝起き美人」を手に入れるポイントをお伝えします。

◎就寝時の設定温度は「28度」が目安
眠っているときに人の体温は下がっていくため、一晩中眠っていても体が冷えすぎない室温に保つことが大切です。その目安は「28度」。眠りにつく際はもう少し涼しくてもいいかな、と思うくらいの設定温度が、熟睡と寝起きのだるさを感じないポイントになります。

◎タイマー設定は不要
タイマー設定はオススメではありません。冷房が切れて、室温が上がることで自律神経は乱れやすくなりますし、なにより暑さで夜中に目が覚めてしまうきれぎれ睡眠では熟睡できません。適温の中で朝までぐっすり眠ることが理想です。

◎キャミソール&ショートパンツはNG
蒸し暑い夏は出来るだけ薄着で過ごしたいもの。でも、キャミソールやショートパンツで眠っていると「冷えすぎ女子」になってしまいます。眠りにつくときにはちょうどよくても、徐々に体温が下がり、寝汗もかく夜中には、体が冷えてきてしまいます。そうなると、寝起きのだるさだけではなく、肩こりや脚のむくみを引き起こすことも。長袖長ズボン、とは言いませんが、半袖と膝が隠れるくらいのボトムス(ユニクロのリラコはオススメ!)、そして薄手のブランケットをお腹から下半身にかけてあげることも忘れずに。

◎サーキュレーターで空気を循環させる
冷房と一緒にサーキュレーターや扇風機を使うことでより心地よい眠りを得ることができます。冷たい空気は下へ、暖かい空気は上へと溜まる性質があるために、室温が冷えすぎてしまうことがあるのですが、空気を循環させることで無駄なくより適温をキープできます。

◎アイスノンは熱帯夜の強い味方
我が家の夏の必需品はアイスノン。室温があまり低くなくても頭まわりが涼しければ、気持ちよく熟睡できるため、家族人数分のアイスノンが冷凍庫に入っています。オススメは凍らせても硬くならない「アイスノンソフト」。冷たさが8〜10時間持続するため一晩中ひんやり。室温が28度だと少し寝苦しいときも、冷房を入れなくてもいいかなという日も、アイスノンが欠かせません。直接肌に当たらないようにタオルを巻いて使用することをお忘れなく。


夏は思いの外、体もお肌も疲れています。就寝時の冷房を上手に使いこなして、上質な睡眠を手に入れましょう。きっと、暑さで疲れた体やお肌もリカバリーされてピカピカの夏美人に近づくはずですよ。