肌のたるみハリ不足、夏疲れには「活性酸素」が関係している可能性が!


「肌のたるみ・夏疲れ」夏の2大トラブルを撃退!効果的な対策とは?

夏の暑さが続いたある日、ふっと自分の顔をみると、肌がたるみハリのない疲れきった顔つきにぎょっとしてしまった経験はありませんか?これらの原因はいろいろあるとされていますが、いま注目を集めているのが「活性酸素」です。

活性酸素とは体内に取り入れられた酸素の一部が変わったもので、元々は体内に侵入した細菌などをやっつける兵士のような体に有用な働きをしているといわれています。ただ、「紫外線」「ストレス」などさまざまな要因が重なって過剰になると、体に悪い作用をし始めます。

1. 肌ハリの低下・老け顔やたるみの悪化
夏の強い紫外線などで過剰になった活性酸素は、肌の細胞や血管、DNAまで損傷を与るといわれています。これはもちろん、肌のハリを保つ細胞などにダメージを与え、たるみや老け顔の1つの原因になると考えられています。

2. 疲労の悪化
過剰になった活性酸素によって、いろいろな部位の細胞や血管にダメージを受けると、それぞれの機能がうまく働かなくなると考えられています。その結果、栄養の循環や代謝などの機能が低下して、ひどい疲れを感じるようになることがあるといわれています。

肌のたるみ・夏疲れを生み出す「活性酸素」をやっつけたい!<食べ物・サプリ・美容点滴>


「肌のたるみ・夏疲れ」夏の2大トラブルを撃退!効果的な対策とは?

【活性酸素を撃退する抗酸化作用のある食べ物】
過剰になった活性酸素の働きを抑える効果が期待できる食べ物があります。普段の食事から意識して摂取しましょう。

◎抗酸化ビタミン…緑黄色野菜・アーモンド・キャベツ・ブロッコリー・フルーツ全般・納豆など
「ビタミンC」「ビタミンE」、ビタミンEの一種の「アスタキサンチン」「βカロテン(リコピンを含む)」などが代表的な抗酸化ビタミンといわれています。これらは同時に摂取することで、互いに作用しあい最高の働きをするという特徴があるので、野菜や果物など一度の食事でバランスよく摂取するのがポイントです。

◎ポリフェノール…ワイン・緑茶・野菜の新芽・カカオなど
ポリフェノールも抗酸化作用が高い食べ物です。緑茶は、ビタミンCも豊富に含んでいる優秀食品なのですが、その有効成分の多くは緑茶の「茶葉」に含まれているので、茶葉ごと粉末にしたようなパウダータイプがおススメです。

この他、「鉄」「亜鉛」「マンガン」といったミネラル類は、抗酸作用の働きを助ける成分といわれています。ゴマ、のり、小魚など海のものに多く含まれています。

【抗酸化作用のあるサプリメント】
先ほど紹介したような成分を含んだサプリメントも有効です。ただ複数のビタミンが1つに入っているようなタイプは、それぞれの含有量が少ない場合もあるので、サプリメントを選ぶ際には、自分がほしい成分が豊富に入ったものを探すと効果を実感しやすくなるでしょう。

【美容点滴・美容注射】
「とにかく疲れてどうにもならない!」「絶対に失敗できない仕事が迫っている」といったときには、美容皮膚科などで受けられる「美容点滴」や「美容注射」がおススメです。その理由は「即効性」。抗酸化作用が高い「ビタミンC」などをたっぷり含んだ成分を直接体内に注入するため、すぐに元気がよみがえると噂です。また肌のハリなど個人の状態にもよりますが、少ない回数でも効果を実感できる方がとても多いとか。

注射と聞くと不安に思う方もいるかもしれませんが、「美容皮膚科」といったクリニックであれば、専門医が診断した上で、自分にあった注射を選んでくれるので安心でしょう。美容注射であれば、2000円前後から受けられるところもあり、1つの選択肢に加えてみるもの良いのではないでしょうか。

あなたに合った抗酸化対策で、この夏を元気に美しく乗り切りましょう!