姿勢が悪く見えるだけじゃない!「巻き肩」のデメリットとは?


ぽっこりお腹や垂れ乳の原因にも!「巻き肩」を改善して姿勢美人に

現代の女性は、パソコンやスマホを使用する時間が長く、「巻き肩」になっている場合がほとんどと言われています。あなたは大丈夫ですか?

「巻き肩」とは、肩が身体の内側に巻き込んでしまっている状態のことです。パソコンやスマホを長時間使うことで、自然と背中が丸まり、前のめりの姿勢になってしまうことが、大きな原因と言われています。巻き肩になると、肩回りの筋肉が緊張して硬くなり、様々な部分に悪影響を及ぼすことも。

【巻き肩のチェック方法】
まずは、自分が「巻き肩」になっていないかどうか、確認してみましょう!

■リラックスした状態で、真っ直ぐ立ち、力を抜いて自然に両手を垂らす。
→手の甲が身体の外側を向いている場合は正常。少しでも、前を向いていたら、巻き肩の可能性あり。

■腕を肩まで上げる。
→腕が、肩の真横ではなく、少し斜め前に出る場合は、巻き肩の可能性あり。

どうでしたか?
「巻き肩」になると、以下のようなデメリットがあると言われています。

■姿勢が悪く見える
■垂れ乳(バストが垂れる)・小さくなる
■ぽっこりお腹(下っ腹がぽっこり出る)
■肩こり・首の痛み
■顔のたるみ・二十あご など

「巻き肩」は自分で改善出来る!簡単に出来る改善方法


ぽっこりお腹や垂れ乳の原因にも!「巻き肩」を改善して姿勢美人に

「巻き肩」になってしまうと、見た目が悪くなる上、ぽっこりお腹や垂れ乳になりやすく、良いことがありませんよね。そこで、自分でも改善出来る、簡単な方法をご紹介します!

【壁を使って姿勢を確認】
壁に、後頭部・肩・おしり・かかとをつけて立ち、正しい姿勢を確認してみましょう。これが、正しい姿勢ですので、日常生活の中でも、この姿勢を意識してキープすることで、姿勢の改善が出来るでしょう。

【タオルを使って肩伸ばし】
1. 両手でタオルの両端を持ち、出来るだけピンと張る
2. ピンとタオルを張った状態をキープしたまま、両手を高く上げる
3. 肩を後ろに引いて、胸を思い切り張る感じで広げる

【肩甲骨を近づける】
両手を後ろで組み、左右の肩甲骨を近づけるイメージで、胸を開く。

【肩甲骨を動かす】
1. 両腕を90度に曲げ、脇にぴったりくっつける
2. 肘を身体から離さないようにしながら、肘から下を外側に開く
3. この動作を、20回程繰り返す


「巻き肩」を改善すれば、姿勢が良くなるだけでなく、バストアップが出来たり、肩こりの解消にも繋がると言われています。毎日のストレッチで、少しずつ改善していきましょう!