日焼けは軽いやけど!敏感肌だと思ってケアしよう


スピードと正しい知識が大事!日焼け後のアフターケアのおさらい

日焼け直後のお肌は、軽いやけど状態なのです。ヒリヒリとした痛みの他に、ひどい時は水ぶくれや炎症を起こす時もあります。敏感肌状態に陥っていると考え、慎重にケアすることが大切です。

やけどと一緒で、日焼けをした後はすぐに冷やすことが重要です。冷却パックや保冷剤を包んだタオル、冷やした濡れタオル等を肌に当ててクールダウンさせましょう。水風呂に浸かるのも良いでしょう。

また、肌を清潔な状態に保つため、帰宅後は日焼け止めを早く落とすことも大事ですが、この時に刺激の強いクレンジングを使うのはNG。敏感肌にも使える低刺激性のものを使って洗顔しましょう。

日焼け直後の入浴は湯船に浸からず、冷水やぬるま湯のシャワーだけにしましょう。シャワーも、肌に刺激を与えないように水圧を低めにして使うようにしてくださいね。

保湿がマスト!日焼け後のスキンケア方法


スピードと正しい知識が大事!日焼け後のアフターケアのおさらい

日焼け後は、外側からも内側からも水分補給が必須です。日焼けをしてしまうと、ついつい美白対策をしなければ、と考えがちですが、日焼け直後の敏感肌には負担がかかりすぎてしまうそうなので、当日のケアはシンプルなものに留めましょう。

ヒリヒリやほてりがひいてから、低刺激性の化粧水で保湿しましょう。この時、アロエ配合の化粧水がおすすめです。アロエには保湿効果だけでなく、消炎効果も期待できます。乳液も低刺激のものを選ぶようにしてください。また、日焼け直後のお肌は、内側も乾燥状態となっているそうです。水やスポーツドリンクをこまめに飲んで水分補給することを心掛けましょう。

日焼けした翌日以降は、肌を紫外線に晒すのはNGと言われていますが、だからと言って日焼け止めをさらに塗ってしまうのは、肌へのさらなる負担のもと。日傘を使ったり、カーディガン等を羽織って紫外線対策をしてください。


いかがでしたか?これといって難しい行為ではないので対策しやすいと思います。正しくケアして、美肌で夏を乗り切りましょう!