女性がAGA(男性型脱毛症)になる原因とは?


女性もAGA(男性型脱毛症)になるって本当なの?原因や対策について

男性型脱毛症「AGA」とは、男性ホルモンの一種「テストステロン」の変性により額の生え際や頭頂部の髪が部分的に薄くなってくる症状のことを指すそうです。

男性ホルモンに関連するヘアトラブルということで女性にはあまり関係がないように感じますが、なぜ女性もAGAになる可能性があると言われているのでしょうか?まずは、その原因についてチェックしていきたいと思います。

<女性がAGAを発症する原因について>
女性の体の中にも実は男性ホルモンであるテストステロンが存在します。女性ホルモンの分泌が盛んであれば問題は無いようですが、40代以降(早ければ35歳以降)になると女性ホルモンは徐々に減少し、男性ホルモンの働きが優位に立っていくそう。その結果、男性ホルモンの影響により女性もAGAになる可能性があると言われているのです。

【POINT】女性のAGAのことをFAGAと呼びます。なぜそのように名称が区別されているかというと、男性の場合は頭頂部や生え際など部分的に薄くなる傾向にありますが、女性のAGA(FAGA)に関しては頭髪が細くなり全体的に薄くなる特徴を持っているためだそうです。

【女性のAGA(男性型脱毛症)】おすすめの対策について


女性もAGA(男性型脱毛症)になるって本当なの?原因や対策について

女性のAGAことFAGAは、加齢以外にも様々な原因が考えられています。対策を実践して健康的な髪の毛を取り戻していきましょう。

1.ストレスを溜めない
ストレスを溜めてしまうと男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が増え、頭皮の皮脂が過剰になることから髪に艶がなくなったり抜け毛の量が増えたりする傾向にあると言われています。自分に合ったリフレッシュ方法を見つけ、ストレスはその日のうちに解消するよう心がけましょう。

2.禁煙
タバコを吸うことで頭皮の血流が悪くなり、AGAを悪化させる原因になりやすいと言われています。最近では、健康保険対応の禁煙外来も増えてきているようですので、この機会に禁煙治療を行うことをおすすめします。

3.食生活の見直し
過度なダイエットや偏った食生活は、男性ホルモンの量を増やしてしまう原因になると言われています。普段から肉・魚・野菜類・海藻などバランスの良い食生活を送るよう心がけましょう。


いかがでしたか?髪の毛は女性の命!ボリュームある若々しい健康的な髪の毛を維持するためにも早めにFAGA対策を行うことをおすすめします。