アルコールが原因の肌トラブルとは?


夏の飲み過ぎに要注意!アルコールの摂取量はお肌にも影響する?!

アルコールの摂取がお肌に影響を与える理由はいくつかありますが、特に大量のアルコールを摂取する人は肝臓の酷使が影響する可能性があります。

肝臓はアルコールを分解して無害な物質へ変える役割を担っていますが、肝臓が分解できるアルコールの量には限界があり、超えてしまうと分解されなかったアルコールが血液を通して全身に行き渡り、ニキビなどとして体の表面に出てきてしまうと言われています。

また、アルコールを摂取すると脱水状態になりやすいそう。これはアルコールを分解するために多くの水分を必要とするので、足りない水分をお肌から補うことで起こると言われています。特に何年もアルコールを摂取し続けた人は、お肌の潤いがなくなりやすく、肌が乾燥してシワなどになりやすいと考えられています。

カクテルなどの甘いお酒も注意が必要です。カクテルに含まれている砂糖は皮脂の過剰分泌を促すなど、肌トラブルにつながりやすいとされています。

そしてアルコールを摂取することで睡眠の質が低下するとも。お肌の再生や修復をする成長ホルモンは、眠りが浅いと分泌されにくいと言われています。翌朝の肌荒れはこうした要素が重なっていることが多いそうです。

肌への影響を抑えるアルコール摂取の方法


夏の飲み過ぎに要注意!アルコールの摂取量はお肌にも影響する?!

シンプルに、アルコールを摂取しないことが肌トラブルの予防策ですが、なかなかそうもいかないでしょう。アルコールは、40歳前後になるとアルコールを分解できるスピードは遅くなるため、毎日飲むのは避けて週に2〜3回程度の頻度にし、1回に飲む量も適度な量に抑えましょう。またアルコールが体内から抜けやすいと言われている、蒸留酒がおすすめです。

アルコール摂取時はお水をたくさん飲んで、前述の脱水状態を防いで早めにアルコールを分解させましょう。帰宅してからもお水を飲んでおくといいですよ。また禁酒をするとお肌の修復機能が回復するそうなので、肌荒れが気になるときなどには効果的でしょう。

アルコールの摂取は、頻度や量、飲み方などのちょっとした意識で肌トラブルを防げるでしょう。今夜飲み会がある人は、早速実践してみてくださいね。