【年齢とともに増えるほくろの原因】ほくろってそもそも何?


いつの間にか増えている?年齢とともに増える「ほくろ」の原因とは?

数年前と比べて、気のせいかほくろが増えているような…、そんな経験ありますよね。ほくろは大きくなったり、盛り上がったりして、できる場所によっては目立ってしまいますのでできるだけ増やしたくないですよね。

そもそもほくろとは一体何なのでしょうか?シミとの違いもよく比較されますが、シミはメラニン色素が肌の奥に溜まって沈着した状態で、ほくろは肌に溜まったメラニンが一部に集中してできる黒色の斑点のことを指します。

ほくろには生まれつき持っているものや思春期にできるほくろと、20代以降にできるほくろに分かれるそうです。思春期くらいまでにできるほくろを予防することは難しいと言われていますが、それ以降のほくろは、ある程度の予防ができると考えられています。

【年齢とともに増えるほくろの原因】どう対策すればいいの?


いつの間にか増えている?年齢とともに増える「ほくろ」の原因とは?

ほくろが増える代表的な原因は、やはり紫外線です。紫外線を肌に受けるとメラノサイトが活発に働き、メラニン色素が作ら、できすぎてしまったメラニン色素が体外へ排出されず、ほくろになる可能性があるそう。紫外線はほくろ以外にもシミにもなりやすため、日焼け止めなどでしっかり対策をしたいところですね。

さらに、寝不足も要注意です。寝ている間に分泌される成長ホルモンが足りず、肌のターンオーバーができずに古い角質や細胞とともにメラニン色素が蓄積されてしまうと言われています。できるだけ十分な睡眠を心がけましょう。

また、肌のターンオーバーという点で共通しているのが食事です。偏った食事で栄養バランスが悪いと肌のターンオーバーは正常に機能しなくなります。ビタミンA、C、Eのほか亜鉛などの栄養素は積極的に摂り入れたいですね。

そして特に注意したいのがメイクです。肌荒れや吹き出物があるときに肌に刺激を与えると、メラニン色素ができてほくろになることもあるそうです。できるだけ刺激を与えないように気をつけましょう。

気がつくとできているほくろ。しっかり予防して余計なほくろを増やさないようにしたいですね。