ささくれのケアは原因を知ることから!


ささくれ女は今日で卒業!デキる女は指先までしっかりケア!

ささくれができる主な原因のひとつが乾燥です。肌が乾燥するとカサカサして爪の周りの皮膚がめくれやすくなると言われています。洗い物の仕事が多い人などは、乾燥状態が続くので特にささくれができやすいでしょう。

また、ネイルをしている人も注意が必要です。頻繁にリムーバーを使用していることから手の皮脂が奪われ、乾燥が進んでしまうため、ささくれができやすいそうです。ネイルをするときに甘皮を剥いでいる人も、特に注意です。甘皮は爪の乾燥を防ぐなど、刺激から守る役割があるので、指先に負担がかかってしまうと言われています。

そして、栄養不足もささくれの原因になることがあると考えられています。偏った食生活をしていると、顔や体の肌の状態に影響が出てきますよね?爪の周りもこれと同じなのです。つまり、肌荒れなどの肌トラブルを抱えている人は、ささくれになりやすいので、正しいケアでささくれを治したいところですよね。

ささくれをケアするにはどうすればいいの?


ささくれ女は今日で卒業!デキる女は指先までしっかりケア!

ささくれは放っておいてもなかなか治りません。ささくれができている状態は、指先が乾燥している状態といえるので、ハンドクリームなどでしっかり保湿することが大切ですし、食生活を見直すことで改善、予防することもできると言われています。

ささくれを治すのに重要な栄養素は、皮膚を作るタンパク質、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあるビタミンAやビタミンBと言われており、合わせて積極的に摂取したいところです。さらにビタミンの吸収を良くするミネラルも同時に摂れると、より効果的でしょう。

何度もささくれになる人は、睡眠不足などでホルモンバランスが崩れるなど、皮膚の状態が悪くなりがちです。運動不足で新陳代謝が悪い人もささくれになりやすいので、これらの生活習慣を見直すのも改善につながると言えるでしょう。

一度できてしまうとほかの指先にもできやすいので、しっかりと原因を見つけてケアしていきましょう。