日焼け後72時間以内にやる!正しいケア3ステップ


日焼けケアは72時間がカギ!正しい方法と本当にすべき対策ってなに?

「うっかりUVケアをおろそかにしてしまった」「思ったよりも日焼けしてしまった」…そんな時は今すぐケアすることが大事。日焼けは美容の大敵ですが、日焼け後72時間以内に正しいケアをすることで、肌への影響を最小限にすることができます。

効果的なアフターケアの3原則は「冷やす・保湿・水分補給」。

STEP.1とにかく冷やす


日焼けした肌は軽いやけどと同じ状態になっています。炎症が起きているので、冷やして火照りをとることで炎症の進行を防がなければなりません。そのままにしておくと腫れることもあるので、まずはとにかく冷やしましょう。

・冷たいシャワーを浴びる
・保冷ジェルを当てる
・氷水で冷やした濡れタオルを当てる

などの方法がありますが、氷などを直接当てると皮膚組織にダメージを与えてしまうので、タオルで包むなどして調節してください。またこすると皮膚に負担をかけるので、タオルなどを当てる時は優しく抑えるようにしましょう。

冷やす時間は日焼けの程度によって異なりますが、火照りがおさまるまで冷やすことが大切。

STEP.2とにかく保湿


日焼けケアは72時間がカギ!正しい方法と本当にすべき対策ってなに?

日焼けした肌は水分が奪われ乾燥している状態。火照りが落ち着いたら、しっかりと保湿をしてその後の肌トラブルやシワなどを防ぎましょう。

保湿化粧水、できれば日焼けした肌のために刺激の少ない敏感肌用のものを使います。ビタミンC誘導体配合などの美白系化粧水は、日焼け直後の肌には刺激が強すぎるので、数日待って肌の状態が落ち着いてから使います。

いつもの2〜3倍の量を、手でぎゅっとハンドプレスしながらたっぷりなじませていくことがポイント。

ただし念入りなパッティングやこすることは、日焼けによって低下した肌のバリア機能をさらに下げてしまうのでNGです。敏感肌の人は、コットンの繊維が刺激になることもあるので慎重に。

化粧水の後は、乳液やクリームなど油分のベールでうるおいをしっかり閉じ込めましょう。日焼け直後の肌は水分の蒸発が特に早いのです。もし日焼けがひどく化粧水がしみる場合は、肌をいためないようワセリンなどで保護しましょう。

STEP.3とにかく水分補給


日焼けケアは72時間がカギ!正しい方法と本当にすべき対策ってなに?

日焼けの後は、肌だけでなく体内の水分が不足しています。体のだるさや疲労感がある場合は軽い脱水状態になっていますから、常温の水やスポーツドリンクなどを飲んでしっかり水分補給をしましょう。

内側から水分を補給することで体の水分量が上がり、肌の保湿にも役立ちます。

部位別|日焼け肌のアフターケア方法


日焼けケアは72時間がカギ!正しい方法と本当にすべき対策ってなに?

アフターケアの基本は「冷やす・保湿・水分補給」ですが、加えて体のパーツごとに取り入れたいケアをご紹介します。

顔・シミソバカスを予防する


日焼けから1〜2日経って肌が落ち着いてからなら、シミソバカス予防のために美白ケア効果のあるコスメが効果的。美白美容液やホワイトニングマスクなどを活用しましょう。シートマスクの長時間の使用はシートの乾燥とともに肌の潤いを逆に失ってしまうので、使用時間に注意します。

またコットンにたっぷりの低刺激化粧水を含ませて肌に乗せる、コットンパックもオススメ。これは日焼けした当日にもできるパック方法です。

意外と目立つ腕のシミ


ボディ用の化粧水やクリームには、美白効果のあるものもあります。メラニン色素が皮膚に定着してしまうとあまり効果はありませんが、日焼けの後にきちんと美白アイテムでケアすることで抑えることができます。

大きく分けて、メラニンの生成を抑制するもの、シミを薄くするものの2種類の成分があります。

痛い唇を鎮静化する


日焼けケアは72時間がカギ!正しい方法と本当にすべき対策ってなに?

皮膚がとても薄くデリケートな唇。日焼けして黒くなることはありませんが、紫外線によって荒れやすくなります。唇パックでケアしましょう。

〈用意するもの〉
・蜂蜜とワセリン、または保湿リップクリーム
・ラップ

〈やり方〉
①唇に、1:1で混ぜたワセリンと蜂蜜、またはたっぷりのリップクリームを塗ります。
②その上にラップを貼り、5〜10分おきオフします。

足の日焼けは残りやすい…


顔や首は念入りに日焼け止めを塗っても、足はついおろそかになりがちです。特に足の甲は日焼けしやすく、気づくとサンダル跡がくっきり…ということも。

足は体の中でもターンオーバーに時間がかかりやすいと言われていて、日焼けした肌が元の状態に戻るのに時間がかかります。またムダ毛処理などで目に見えない傷がたくさんついており、その部分が日焼けすることで残りやすくなることも。

足も顔や腕同様に美白アイテムを使ってケアを行うことが必要です。

本当にしておきたい日焼け予防対策!体の中からお食事ケア


日焼けケアは72時間がカギ!正しい方法と本当にすべき対策ってなに?

日々蓄積されていく紫外線から体を守るために、日頃から食事にも気をつけましょう。

ビタミンやミネラル


ビタミンは、健やかな肌を保つために大切です。紫外線による影響を和らげ抵抗力をつけ、特にビタミンCはシミやソバカスの原因になるメラニン色素の合成を抑えてくれる効果が。

ビタミンCを多く含む食べ物は、トマト・パプリカ・いちご・レモン・グレープフルーツ・キウイ・ブロッコリー・スイカ・ジャガイモなど。

また亜鉛などのミネラルも予防には大事な栄養素。細胞の分裂や再生を助け、シミやソバカスを防ぎます。

ホタテ・牡蠣・牛肉・うなぎ・大豆製品などで積極的に摂取しましょう。

抗酸化成分


日焼けケアは72時間がカギ!正しい方法と本当にすべき対策ってなに?

紫外線を浴びると、活性酸素が発生することでメラニン色素が活性化してシミなどの原因になります。この活性酸素を取り除く役割を果たしてくれるのが、抗酸化成分。
ナッツ類・アボカド・ごまなどに多く含まれているビタミンEはこの抗酸化成分を含みます。

ほかビタミンA・カテキン・イソフラボンなども抗酸化物質を含みますが、中でも注目したいのはリコピン。ビタミンEの抗酸化作用の数百倍と言われています。

リコピンは赤い食品に含まれていて、代表的なのはトマト。そのほかバナナ・人参・アボカド・スイカ・ピンクグレープフルーツです。普段から意識して取り入れたい食材ですね。

外から肌を守る!おすすめ日焼けケア商品


日焼けケアは72時間がカギ!正しい方法と本当にすべき対策ってなに?

■美白化粧水や美容液


日焼けによるシミやソバカスを防ぐ働きをしてくれるのが美白化粧水や美容液。商品によって成分は様々ですが、代表的な美白成分がビタミンC誘導体です。

ビタミンCは美白に優れた成分ですが、もろく壊れやすいためコスメに配合してもその力が発揮されにくいのです。それを人工的に改良したものがビタミンC誘導体で、皮膚への浸透力を高め皮膚内でビタミンCに変化する特徴があります。

抗酸化作用、新陳代謝を促す作用、色素沈着を防ぐ作用など様々な効果があり、シミやシワ、肌のたるみなどの悩み解決に役立つ優れた成分。日焼け直後の肌には刺激が強いので、水分を補給してお肌を沈静化させたあと1〜2日後から使うことをおすすめします。

ただし皮脂分泌をコントロールするので、乾燥肌の人は皮脂量が減ってトラブルになることも。肌のタイプによりますが、化粧水よりもビタミンC成分が多い美容液は特に美白の強い味方です。

■馬油


日焼けケアは72時間がカギ!正しい方法と本当にすべき対策ってなに?

馬油は、人間の皮脂にとても近い性質を持っています。また浸透力も強いため、肌に塗った後はベタつきがなくサラサラに。皮膚の炎症を抑えて熱を取り除き、皮膚を保護する作用が、やけどに効くとして親しまれている理由です。

この働きは、軽いやけどと同じ状態の日焼け肌にももちろん有効で、皮膚の回復に期待できるので是非取り入れたいアイテムです。

■ホホバオイル


ホホバオイルの主成分は、ワックスエステルという人の肌に含まれる成分なので、浸透力が高いのが特徴。日焼け後の肌のほてりや炎症を鎮め、水分を与え続ける力を持っています。また抗酸化作用が高いため、メラニンの増加を抑えシミやシワなどを防ぐ効果も。

「ホホバオイルが日焼け止め代わりになる」という話を耳にしたことがあるかもしれません。多少の紫外線防止の効果はありますが、ホホバオイルだけでは日焼け止めとしては不十分。日焼けの後のスキンケアに役立てましょう。

これってホントにただの日焼け?ひどい症状と対処法


日焼けケアは72時間がカギ!正しい方法と本当にすべき対策ってなに?

「日焼けした肌、なんだか様子がおかしいけど、これはただの日焼けなの?」「ほおっておいていいの?」と不安になることもありますね。日焼けによるいろいろな症状と対処法を見ておきましょう。

赤くなる「サンバーン」


赤くなるタイプの日焼けは、サンバーンと言います。UVBの働きによって起こり痛みがあり、後々シワやシミを引き起こします。紫外線を浴びてから数時間で赤みが現れ、24時間後にピークを迎えます。色素細胞の少ない色白の人や肌の弱い人によく見られる日焼けタイプ。

黒くなる「サンタン」


赤くなるサンバーンに対して、小麦色に黒くなる日焼けがサンタン。痛みはほとんどありません。UVAの働きによるもので、紫外線を浴びてから5日前後で皮膚の変色が始まります。肌を守るためにメラニンが働くことで黒くなります。

かゆくなる


日焼けケアは72時間がカギ!正しい方法と本当にすべき対策ってなに?

サンバーンの状態でかゆみが出ることがあります。これは肌の細胞がUVBによって傷つき炎症を起こしており、ヒリつきを感じることも。保湿をしっかり行いましょう。

基本の日焼けケアをしても症状が改善されず、水ぶくれが出てきた場合は病院での診察を受けましょう。水ぶくれを潰すと、雑菌が入ることで皮膚トラブルや皮膚病の危険性もあります。

皮が剥ける


肌の赤みが取れてきた頃、皮がむけることがあります。これは紫外線ダメージを受けた肌の乾燥して死んだ肌細胞が、ターンオーバーによって生まれ変わっているということ。日焼けのダメージは大きく、大量に新しい肌細胞を作り出すので古い細胞がこのように剥がれていきます。

新しい肌細胞が出来上がれば自然に皮は剥がれますから、無理に皮をむくのはNG。まだ準備の整わない箇所の皮をむくと、肌細胞を傷つけてしまいます。

痛くなる


日焼けケアは72時間がカギ!正しい方法と本当にすべき対策ってなに?

かゆみ同様、サンバーンで肌が炎症を起こしていると痛みがあります。表皮の細胞膜が日焼けによって破壊され、水分が肌から出て行ってしまうのが原因です。肌を徹底的に冷やして炎症を抑えましょう。そして保湿と水分補給をしっかりと。

軽度やけど


日焼けはやけどと同じとお話ししましたが、これはI度のやけどにあたります。赤みやほてり、かゆみなどが出る場合もありますが、正しいケアをすれば数日で自然と治ります。

水ぶくれになったやけどは、II度のやけどに相当します。調理中などにうっかりやけどした時にできた水ぶくれ、皮膚の状態はそれと同じです。こちらも薬などでの治癒が可能ですが、思っている以上に皮膚の損傷がひどい場合もあります。感染症を引き起こしたりする危険性もあるので、専門医の治療を受けましょう。

ちゃんと紫外線対策知ってる?美肌ケアのための知識


日焼けケアは72時間がカギ!正しい方法と本当にすべき対策ってなに?

日焼けは、アフターケアをいくらきちんとしても、なかったことにはなりません。しっかりと紫外線を知り、日焼け止めなどで正しく予防することが重要です。

紫外線は3種類!UVAとUVB、UVCとは

これまでにも出てきたUVAやUVB。これに加えてUVCという3つの紫外線の種類があります。

・UVA
UVAは、活性酸素を生成して肌の奥深くまで届く紫外線。真皮層に到達してコラーゲンなどを破壊します。日焼けによって肌のハリや弾力が失われシミやシワができやすいのはこのためです。私たちが受ける紫外線の9割がこのUVAです。


・UVB
サンバーンを引き起こすUVB。本来はオゾン層で吸収されるものですが、環境破壊が進み我々のところまで届いてしまいます。エネルギーが強く、肌細胞を傷つけるため皮膚ガンなどの原因にも。

・UVC
あまり耳に馴染みのないUVCですが、実は最も有毒な紫外線とされています。UVBよりも皮膚ガンを発症させる確率が高く、健康に害を及ぼします。UVCもオゾン層の破壊により、年々少しずつではありますが私たちのところまで届き始めています。

■日焼け止めの正しい塗り方


日焼けケアは72時間がカギ!正しい方法と本当にすべき対策ってなに?

日焼け止めを使っていても正しく使えていなければ、その効果にはあまり期待できません。必ず使用目安量を守り、塗りムラができないように塗ります。数回に分けて重ね塗りをすると綺麗に仕上がります。またSPFを計算する際に塗る量は1平方cmあたり2mgで、実際に量ってみるとかなり多めということを忘れずに!

そして大切なのは2〜3時間おきに塗りなおすこと。朝塗って一日中そのままでは、汗や皮脂などで落ちてしまい十分な効果は得られません。SPF値・PA値が低いもの高いものにかかわらず、こまめに塗りなおすことで紫外線をブロックできます。

まとめ:日焼けケアはすぐ対処して白い肌を取り戻そう!


日焼けケアは72時間がカギ!正しい方法と本当にすべき対策ってなに?

「もう日焼けしちゃったからしょうがない…」と諦めていませんでしたか?日焼け予防はもちろんですが、「肌を冷やす・保湿・水分補給」の3つのステップでなるべく早く肌を元の状態に戻すことができます。また優秀アイテムを取り入れることでシミやソバカス、しわを少しでも防げますから、上手に活用したいですね。

とにかく日焼けすぐのケアが決め手ですから、絶対に放置せずすぐのアフターケアで美白肌を取り戻しましょう!