最後まで使い切れなかった化粧水を活用しよう!


余った化粧水をなにかに使いたい!化粧水の活用法で全身美しく

スキンケアに欠かせない化粧水ですが、肌に合わなかったり、新しいものに手を出したくなったりと余ってしまっていませんか?

余った化粧水は捨てるのではなく、顔以外に活用することができますよ。余った化粧水の活用法を身につけて、全身美しくなりましょう。

余った化粧水はパーツケア・入浴剤など活用法がたくさん!


余った化粧水をなにかに使いたい!化粧水の活用法で全身美しく

余った化粧水は、ボディケアやヘアケアなど、あらゆる面で活用することができます。

中でも余った化粧水を使うのにおすすめなのが、乾燥しがちなひじやかかとのケア。湯船に浸かって角質を柔らかくしてから、スクラブで角質ケアをし、コットンに余った化粧水を染み込ませてパックをしていきます。美白化粧水なら、ひざやひじの黒ずみへの効果を期待できますよ。

脚痩せやむくみ改善などに欠かせないリンパマッサージには、ボディクリームを使いますが、伸びが悪くてマッサージしにくい場合もありますよね。そんなときには、ボディクリームに余った化粧水を混ぜて柔らかくしてあげましょう。スルスルと伸びていき、みずみずしいボディに近づけるでしょう。

また、余った化粧水を入浴剤として湯船に入れて活用することで、しっとりとしたお肌に導いてくれるでしょう。肌に合わなくて使わなくなった化粧水でも、たっぷりのお湯により薄められるので、刺激を感じにくくなっておすすめです。

さらに、スプレーボトルに余った化粧水とホホバオイルやスクラワンオイルなどを入れてよく振れば、ヘアミストにも早変わり。寝癖直しとしても使えて、広がりがちな髪の毛がしっとり落ち着くでしょう。

余った化粧水はそのまま捨てずに、全身ケアに活用しよう


余った化粧水は、顔以外にボディや髪の毛などの全身ケアとして大活躍してくれます。

また、アルコールが含まれた化粧水をコットンに含ませて鏡全体に伸ばしていけば、曇り止めにもなりますよ。水垢が気になる洗面所やお風呂場の鏡もピカピカになるので、ぜひトライしてみてくださいね。