同じ野菜ばかり食べていると栄養が偏る?


色に注目! 野菜を食べるときに意識したい野菜5色の法則とは?

野菜にはたくさんの色がありますが、大きく分けると緑、黄、赤、紫、白と5つの色に分けられます。それぞれの色によって栄養が異なるため、いつも同じ色の野菜ばかりを買っている人は、栄養が偏っている可能性があります。

野菜の色別にみる栄養について


色に注目! 野菜を食べるときに意識したい野菜5色の法則とは?

【緑色の野菜】
緑色の野菜といえば、ほうれん草や小松菜、ブロッコリー、ピーマンなどありますが、これらには鉄分が豊富に含まれています。血流に酸素を送るヘモグロビンの元となる栄養素で、貧血やめまいなどの予防に適しているそう。
また、カルシウムが豊富に含まれていることで精神安定の作用も期待できます。さらにβ-カロチンやビタミンB群、ビタミンCもバランス良く含まれている野菜で、色が濃いほどこれが多く含まれているそうです。

【黄色の野菜】
かぼちゃや黄ピーマン、とうもろこしなどが黄色の野菜です。ビタミンCをたくさん含んでいるため、紫外線を受けた肌の回復機能のほか、肌にハリを出したり、シミやシワを防いだりする働きがあります。美容にはとても重要な色の野菜なのです。

【赤色の野菜】
トマトやニンジン、スイカなどの赤色の野菜は、食物繊維が豊富で便秘予防に効果があると言われています。特にトマトに含まれるリコピンは、紫外線から肌を守る働きがあり抗酸化作用があるため、がんの抑制にもなると考えられています。

【紫色の野菜】
紫色の野菜といえば、やはりナスでしょうか。紫の色はアントシアニン類というポリフェノールの一種の色素で、抗酸化作用があり、血液をサラサラにして動脈硬化や生活習慣病の予防に役立つそう。またアントシアニン類は目の健康維持にも効果的です。

【白色の野菜】
大根や白菜、玉ねぎなどの白色の野菜には、ポリフェノールの一種のフラボノイド系の色素が含まれています。抗酸化作用のほか、血管を強くする働きがあるため、高血圧や脳卒中などの予防に効果があると言われています。


いかがでしたか?野菜の色で栄養がわかると選ぶのもたのしくなりますね。見た目で栄養が予測できてとても便利なので、是非参考にしてくださいね。