美白パックで期待できる効果とは?


効果

美白パックの魅力は、忙しい時でも簡単に肌に潤いや美容成分をたっぷりと浸透させ、肌がみずみずしく、ハリやツヤのある状態にすることができる点です。パックを肌に密着させることにより、肌の角質層まで十分に美容成分を浸透させることができる美白パックにはその名の通り、美白成分が多く含まれているため、使用することにより、美白効果、または日焼けによるシミやソバカスの生成を防ぐ効果が期待できます。

プチプラでもOK?美白パックを選ぶときのポイント


プチプラ

●美白パックにどんな成分が配合されているか
美白パックに配合されている成分の中で、美白の有効成分として使用されることが多いのはビタミンC誘導体やアルブチン、プラセンタエキス、酒粕やハトムギなどです。

そして、美白で忘れてはいけないのが保湿成分です。肌の乾燥も美白には大敵であるため、オレイン酸誘導体やはちみつ、セラミドなどの有効成分が配合されていることも多いです。

また、美白以外の美容成分が入っている物も多くあり、肌の弾力を出したい、リフトアップがしたいという願いを叶えるためにコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が配合されている物、アンチエイジングに効果的な抗酸化成分であるコラーゲン、プラセンタ、エラスチンが配合されている物など種類は様々で、美白にとどまらず、複数の美容効果が期待できるようになっている物も多くあります。

肌の乾燥や、しわやくすみ、様々な肌トラブルがあるかと思いますが、自分が改善したいと思っている症状に効果的な成分が入っている物を選ぶといいでしょう。

●習慣的に購入できる価格帯であるか
プチプラな物であれば1枚50円前後位の商品もありますし、もちろん、スペシャルケアとして使用するための高価なものまで様々あります。習慣として使用するのであれば、比較的安価な物を選ぶのがオススメです。

シート?洗い流す?美白パックの種類について


種類

●シートタイプの美白パック
シートマスクタイプの美白パックは、顔の形になっているので、そのまま取り出して肌に張っておくだけのとてもお手軽に使えるパックです。マスクを張っている間に、家のことや、その他のボディケアができてしまうので、忙しい人にもピッタリなパックです。シートマスクタイプは色々なデザインのものが売られているので、選ぶ楽しみもありそうです。
シートマスクタイプを使用することで、しっとりとした、みずみずしい肌に導けるでしょう。

アットコスメで☆5.0の「透明白肌 ホワイトマスクN」や☆5.3の「雪肌粋 透明美肌マスクN」がプチプラでおすすめです。

●塗るタイプの美白パック
塗るタイプの美白パックにはクリームやジェルといったタイプの美肌パックがあります。このタイプのパックは、顔に塗ってから数分おいて、洗い流したりふき取ったりするパックです。中には洗い流しやふき取りが不要な物もあります。
クリームタイプのパックには油分が多く配合されていることが多く、肌に必要な水分と油分をバランスよく補うことができます。乾燥肌の方や、よりしっとりとした使用感が好きな方にはおススメです。

ジェルタイプのパックはクリームタイプよりもライトな使い心地で、肌により多くの水分を与える効果があると言われています。べたついた使用感が苦手な方にはおススメです。

クリームやジェルの塗るタイプのパックを使用した後の肌はもっちりとしていて、肌の柔らかさや弾力を感じることができるのではないでしょうか。

アットコスメで☆5.1の「透明白肌 薬用ホワイトパックN」が比較的安いのでおすすめです。

●ラバーモデリングタイプの美白パック
ラバーモデリングマスクとは、韓国の高級サロンから誕生し、美容成分の浸透率がとても高いとしてアメリカなどの海外でとても注目を浴びているパックの方法です。
ラバーモデリングマスクには、2種類あり、パウダー状のものに水を加えて練るタイプと、初めから液体になっているタイプとがあります。
どちらのタイプも、肌にのせそのまま放置すると、ラバー状(ゴム状)に変化し、肌にピッタリと密着します。
他のどのパックよりも密着力が高いと言われ、また、パック中もパック自体が乾燥することがないため、美容成分のほとんどを余すことなく肌に浸透させることができると言われています。ただ、高い効果がある分、使い方が少し難しかったり、手間がかかります。金額も高めに設定されているので、スペシャルケアとしてお試しいただくと良いでしょう。

美白パックは手作りすることも可能!


手作り

●緑茶パックの効果とやり方
緑茶パックのやり方です。

1、お茶の葉を、ミキサーを使用するかすりつぶすなどして粉末状にします。もともと粉末状緑茶として売られている物を使ってもOKです。
2、小麦粉と1を、2:1の割合で混ぜます。水を少しずつ加えながら、塗りやすいと感じる柔らかさになるように混ぜていきましょう。
3、 目安として、耳たぶ程度の堅さになったら、顔に塗ります。その状態で5分〜15分程度、放置します。
4、 緑茶パックが完全に乾く前に、ぬるま湯で洗い流します。完全に乾ききってから落とすと、肌が荒れてしまうなどのトラブルが出る可能性があるので、注意しましょう。放置時間もあくまで目安なので、環境や天気などを踏まえながら自分で調整して見ていただければと思います。

緑茶バッグの緑茶を用いているパックには、様々な美容効果があると言われています。緑茶に含まれているクロロフィルやカテキン、ビタミンCなどの成分は皮膚表面の傷を修復するターンオーバーを促う働きがあります。
また、美白効果やシミ、くすみの改善なども期待できます。それに加え、カテキンには抗酸化作用があるため皮脂の酸化も抑制されます。よって、ニキビの改善や予防にも非常に効果的だと言われています。この緑茶パックの効果は、早い人だと1か月程度で実感できるそうなので、続けることが大事ですね。また、緑茶パックに使われる小麦粉にも保湿効果が期待できますので、しわやたるみに効果的だと言われています。緑茶と小麦粉両方の美容効果を期待できますね。

●酒粕パックの効果とやり方
酒粕パックのやり方です。

1、ビニール袋に酒粕を一掴み位を入れ、精製水を酒粕の1.5倍量入れてよく揉みこみます。
2、ダマがなくなるまで揉みこんで、均一な状態になったら出来上がりです。
3、そのまま冷蔵庫に入れて保存してください。
4、よく冷えた酒粕パックを顔全体に均一になるように広げます。
5、完全に乾ききる間際の状態になったら、ぬるま湯で綺麗に洗い流しましょう。
6、パックの後はいつものスキンケアを行いましょう。
肌の乾燥が気になっていた方も、このパックを行うととてもしっとりツルスベ肌になれるので、続けて行うといいでしょう。日焼け後のケアとしても最適ですので、お試しになってはいかがでしょうか。

酒粕に含まれているアルブチンは「お肌の漂白剤」と呼ばれているほど、非常に優れた美白効果をもっていると言われています。また、安全性の面もしっかりと確認されているので安心できる栄養成分です。
フェルラ酸は、ポリフェノールの1種です。抗酸化作用にとても優れているので、アンチエイジングに大きな期待ができます。そして、美白にも効果があり、メラニン色素の生成に関係があると言われるチロシナーゼの働きを阻害する働きがあり、メラニンの生成を抑えると言われています。透明感のある白い美しい肌へと導くことができるのではないでしょうか。

気になる方は手作りしてみてくださいね。

塗るタイプの美白パックなら佐伯チズ式で


佐伯チズ

●佐伯チズ式美白パックとは?
有名な美容化、佐伯チズさんが推奨しているパックの方法が「ローションパック」です。ローションパックは、紫外線や冷房で弱ってしまった肌に最適なスキンケアです。
乾燥肌を特に何の保湿ケアもせずにそのままにしておくと、インナードライ肌になってしまう可能性があります、インナードライ肌になると皮脂分泌が過剰になり、ニキビや吹き出物といった肌トラブルにつながってしまうと言われています。また、肌老化の原因になる恐れも。


ローションパックは、美白マスクを買うよりも安価で、家にある化粧水を使用して手軽にできるスキンケア方法なので、忙しい人や面倒くさがりの人にもおススメです。


●佐伯チズ式美白パックの方法
まず最初に、コットンを水で濡らし、軽く水気を絞ります。この時、コットンをぐちゃぐちゃにしないよう注意します。
そのコットンの上に、化粧水を垂らします。使用するコットンは、ドラッグストアで売られている「カット綿」が推奨されています。大きさも約14cm×7cmが推奨されていて、2つに折って使用しますが、大きくても小さくても特に問題はありません。顔全体にまんべんなくのせられることが重要です。


コットンに化粧水をたっぷり垂らし馴染ませたら、顔全体をコットンで覆うようにのせていきます。このローションパックの基本のやり方として、額、鼻、両頬、顎の計5ヶ所にコットンをのせるとありますが、顔全体にコットンがのればどんな乗せ方でも問題はありません。お灸のために、鼻や口に空気穴は確保しておきましょう。コットンを横に引っ張ることで伸びるので、少ない枚数で顔全体を覆えるようになります。伸ばしすぎもよくないですが、自分でどの置き方がいいのかなど、工夫してみると良いでしょう。そしてそのまま3分放置します。特に年齢などが出やすいとされる場所を重点的に置くようにしてください。


この3分間のローションパックをすると、肌に水分が十分にいきわたり、ハリとつやのある肌が戻ってくると言われています。また、水分が十分に浸透してる肌は、美白効果もあがり、肌が一段明るくなると言われています。ファンデーションも明るい色に変更が必要なほど、透明美白肌になれるかもしれませんね。

美白パックをする時により効果的な方法とは?


効果的な方法

●肌が温まっているときに使用する
入浴後など、肌が温まることによって毛穴が開いた状態になります。その状態で美肌パックをすることにより、美肌パックに含まれている美容成分が肌の角層まで浸透しやすくなると言われています。入浴後に美肌パックが使用できない時もあるかと思いますが、そんな時は、美肌パックの使用前にホットタオルを顔にのせてから使用するといいですよ。ホットタオルを顔にのせることで、肌が温まり毛穴が開きますので、お風呂上がりの様な肌になります。

●パックの前に簡単なスキンケアをする
美肌パックをする前に、しっかり洗顔をしましょう。毛穴に詰まった汚れや古い角質、皮脂などをきれいに洗い流すことによって美肌パックの美容成分がしっかりと肌に浸透してくれます。また、美肌パックは目元と口など、パックを避ける箇所がありますが、その部分は乾燥しやすい状態になってしまいます。洗顔が終わったら、パックをしない個所にはしっかりとスキンケアをしておきましょう。また、しっかり洗うことを意識しすぎて、力を入れてゴシゴシと洗ってしまうと、肌にダメージが残り、美肌パックがしみてしまう可能性があります。洗顔は、優しく行うことが大事です。

●長時間パックを放置するのはNG
美肌パックはのせている時間が長いほど効果的だと思いがちですが、長時間のせていたからと言って効果が上がるわけではありません。逆に、シートに肌の水分が奪われてしまったりと、悪影響も出てくる可能性があり、注意が必要です。商品パッケージに使用時間の目安が記載されていると思うので、その使用時間を厳守するように心掛けましょう。

●パックが終わった後は必ず保湿
美肌パックを使用した直後の肌は、美容成分が肌の角質層までしっかり浸透し、十分に保湿されている状態です。しかしそのまま放置してしまうと、せっかく潤っている肌の水分が逃げて行ってしまうため、上からクリームを塗って油分で膜を作ってあげるようするのが大切です。

●こんなときは美白パックの使用を避けよう
肌に密着させて、はがすタイプのパックは、肌に傷がつく可能性があるので、刺激に敏感になっている状態の肌には使用しない方がいいでしょう。また、拭き取るタイプのパックは摩擦が生じ、それによって傷がつく可能性があります。そのため、肌トラブルがある場合などの使用は避けた方がいいでしょう。肌荒れが気になる場合は、洗い流すタイプのパックがオススメです。
美肌パックの使用頻度が増えすぎると、それも肌には負担になります。栄養が過多になるため、肌トラブルを起こす恐れも。毎日使える美肌パックもありますが、基本的には2〜3日に1回の使用で十分です。また、肌荒れがひどい時の美肌パックの使用は控えるようにしましょう。

美肌パックは美肌にとっての強い味方になります。使用法をしっかり守って、上手に利用できたら、今の肌よりワントーン明るい透明間溢れる美肌になれますよ。自分に合った美肌パックの種類を選んで、入浴後の少しの時間でもスペシャルケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか。