日中のオイルには要注意!「油焼け」の原因とは?


美容オイルで起こる「油焼け」とは?朝のスキンケア法に要注意!

「油焼け」とは、肌についた油分が太陽からの紫外線や熱などの影響で、酸化してしまう現象のこと。油焼けが起こると、肌のシミやくすみ、色素沈着の原因になってしまうことがあるんです。

朝のスキンケアに、「美容オイル」を使用しているという方は、注意が必要です!
しかし、全てのオイルがダメだという訳ではないので、安心してくださいね。

オイルには、酸化しやすいものと、しにくいものがあります。酸化の原因となるのが、オイルに含まれる「不純物」。この不純物が、日焼けの原因につながりやすく、不純物の多いオイルを肌につけ、紫外線を浴びてしまうことで、シミやくすみができてしまいやすいというわけなんです。

純度が高くない不純物を含むオイルを日中つけることが、「油焼け」の原因となる場合があるので、「純度が高いオイル」を選ぶことが大切なポイントとなります!

どんなオイルを選べば良い?日中使うのにNGなオイルはこれ!


美容オイルで起こる「油焼け」とは?朝のスキンケア法に要注意!

「油焼け」の原因につながりやすいオイルに含まれる「不純物」による酸化。純度の高いオイルを使用すれば、問題はないでしょう。

■酸化しやすいオイル
・馬油
・ローズウッドオイル
・亜麻仁油 など
※酸化しやすいオイルと言われているので、朝のスキンケアには使わないようにしましょう。

■酸化しにくいオイル
・ホホバオイル
・オリーブオイル
・ココナッツオイル
・椿油
・アルガンオイル など
※日中に使うのであれば、これらのオイルがオススメです。

■日焼け予防の効果もあるオイル
・ホホバオイル
・ココナッツオイル
・アルガンオイル
※これらのオイルには、抗酸化作用があり、肌から出る皮脂の酸化を予防する効果や日焼け止めの効果が期待出来ると言われています。

肌の為に良いと思って使っている美容オイルが、シミやくすみの原因になってしまっては悲しいですよね。
「油焼け」を防ぐ為には、純度の高いオイルを選ぶことがポイントです!オイルによって性質も異なるので、朝と夜で使い分けるものオススメです。