一見似ている…ツヤ肌とテカリ肌の違いとは?


夏はツヤ肌とテカリ肌の違いに気をつけて!テカらないサラサラ肌に

クッションファンデーションやクリームファンデーションなどを使ったツヤ肌ブームはまだまだ続いています。ツヤ肌は、ヘルシーで色っぽくなれるのが魅力で、フレッシュな印象を与えてくれますよね。

一方でテカリ肌は、ベースメイクがドロドロに崩れやすく、放っておくと皮脂で毛穴が詰まり、ニキビや吹き出物などの原因になってしまう可能性があります。ツヤ肌とテカリ肌は一見似ているので、まずは見極めてからテカリ肌対策をしてみてくださいね。

ツヤ肌とテカリ肌の見極め方とサラサラ肌になれるスキンケア


夏はツヤ肌とテカリ肌の違いに気をつけて!テカらないサラサラ肌に

ツヤ肌とテカリ肌は、手のひらを使って確かめることができます。ツヤ肌は手のひらで顔全体を抑えたときに、皮脂が手につくことなくしっとりとしていますが、テカリ肌は手のひらで抑えたときにべたついた皮脂がついているケースがほとんどです。ずっとツヤ肌と勘違いしていて、本当はテカリ肌だった…という方も多いようなのでチェックしてみてくださいね。

テカリ肌を防ぐ最大のポイントは、皮脂対策。皮脂を取りすぎずに丁寧なスキンケアをしていきましょう。

テカリ肌をなんとかしたいからといって、一日に何回も洗顔をすると必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥と皮脂分泌を促してしまうため要注意。毛穴の汚れをしっかり落としつつ、皮脂汚れを分解してくれる酵素洗顔を使って朝と夜に洗顔をしていきましょう。
 
テカリ肌には、保湿ケアも欠かせません。開いた毛穴をきゅっと引き締めてくれる収れん化粧水をコットンに含ませてテカリが気になる部分にパックをしたら、しっとりタイプの化粧水でさらに保湿をしていきましょう。

化粧水で肌を整えたら、乳液やクリームなどの油分で蓋をするよりも、美容液をたっぷり馴染ませて水分を補うことがポイントです。ハンドプレスしながら少しずつ浸透させることで潤いに満たされた肌に近づけます。

スキンケア後10分経ってベースメイクをすれば、テカリ肌でも崩れにくい!


テカリ肌によってベースメイクが崩れてしまうことに悩んでいる方は、スキンケアをして5〜10分ほど放置し、しっかり馴染んだのを確認してから化粧下地をつけていきましょう。
さらに化粧下地の後、ファンデーションより先にベビーパウダーをのせておくと崩れにくくなりますよ。