保湿クリームは肌状態で使い分ける!


保湿クリーム

暑い夏が終わり、涼しく感じてきたころに気になり始めるのが乾燥です。普段乾燥が気にならない人でも、この時期は頬やフェイスラインのカサカサした感触が気になるでしょう。その乾燥対策には保湿ケアが大事!というのは良く知られていますが、なぜ肌を乾燥させたままにしてはいけないのでしょうか?
乾燥が続くと潤いや水分が不足し、肌のバリア機能が低下してしまいます。健康な肌は水分を保持し続けられますが、皮膚が乾燥するとセラミドとよばれる角質間細胞脂質やNMFなどの天然保湿因子が、水分を抱え込む力が弱くなってしまいます。その結果、肌トラブルを起こしやすくなり、かゆみや赤みといった状態を引き起こすことも考えられるでしょう。

関連画像をもっと見る

保湿クリームの役割


肌の水分を補い、肌を乾燥状態から守り、肌に栄養を与える保湿クリーム。肌が乾燥状態になる前に、積極的なケア方法として取り入れたいアイテムです。その保湿クリームですが、人によって選ぶ基準は様々あるのではないでしょうか。値段や使いやすさ、人気女優が宣伝しているから!といった意見もあるでしょう。しかし本来は、その時の肌状態によって使い分けたいアイテムなのです。


●乾燥肌
乾燥肌は、セラミドとよばれる角質間細胞脂質やNMFなどの天然保湿因子が減少し、角質に水分が貯えられにくくなっている状態です。肌表面の潤いが感じられなくなり柔軟性も失われていきやすいので、小じわなども気になりやすくなるでしょう。

●オイリー肌
オイリー肌は皮脂の分泌が過剰になり、肌表面がテカリやすくなっている状態です。ストレスや生活習慣の乱れ、遺伝的要因が原因でホルモンバランスが崩れ、皮脂腺を増やしたり皮脂を過剰に分泌したりするためオイリー肌になってしまうといわれています。

●混合肌
混合肌は肌の部分によって状態が違う肌をいいます。おでこや鼻、いわゆるTゾーンはテカっているのに、口周りやフェイスラインはカサカサ乾燥するという方は、混合肌かもしれません。日本人のほとんどが混合肌だといわれています。

●敏感肌
普通の状態の時より、赤みがでたりピリピリと刺激を感じやすくなっている状態が敏感肌と呼ばれています。しかし、医学的に「敏感肌」というものは存在せず、検査などでも肌状態を断定することができません。肌が敏感になっている状態を総称して、敏感肌と呼ぶことが多いのではないでしょうか。

ニキビ退治に保湿クリーム!メンズにもオススメ


ニキビ退治

多くの人が思春期に悩む肌トラブルがニキビです。最近は大人ニキビという言葉も聞こえてきますが、原因はなんなのでしょうか。ニキビとは、皮脂腺が慢性的に炎症を起こしている状態です。皮膚の角質が増殖し、皮脂が毛穴から排出しきれず詰まっていることが原因で起こります。毛穴に留まった皮脂が酸化し、アクネ菌が増殖することで炎症が悪化して赤みや痛みを引き起こすと言われています。
アクネ菌自体は人間の皮膚に存在している菌で、肌状態が健康なときには肌のバランスを正常に整えるという働きをもっています。しかし新陳代謝の低下や、ホルモンバランスの乱れなどで正しくターンオーバーが行われなくなると、毛穴が詰まりやすくなり、毛穴の奥に住んでいるアクネ菌が活動を活発化させます。ニキビは男女問わずできるため、ケアを入念にしていきましょう。

ニキビ予防に保湿が欠かせないワケとは?


大人ニキビができる原因の一つに「乾燥」があげられます。乾燥した肌は表面がカサカサし、毛穴周りの皮膚が硬くなり柔軟性を失ってしまいます。そうすると毛穴は皮脂詰まりを起こしやすくなり、ニキビができやすくなってしまうと言われています。大人ニキビは乾燥しやすいフェイスラインや口周りに多くできると感じる人もいるでしょう。
乾燥対策は、ニキビ予防にも必要なケアなのです。


●白ニキビ
ニキビの初期段階。肌表面に少し盛り上がりが見られ白くポツンとなっている状態ですが、毛穴の入り口がふさがれ皮脂が溜まっています。

●黒ニキビ
白ニキビの状態が進み、毛穴に溜まった皮脂が毛孔を押し広げ皮脂がでてくると、酸化した皮脂が黒っぽく変色します。この状態を黒ニキビといいます。

●赤ニキビ
黒ニキビをそのまま放置していると、毛穴の中の皮脂を栄養としたアクネ菌が増殖し、炎症を起こします。肌が赤くなることから赤ニキビとよばれています。この状態がさらにひどくなると、膿を持ったり赤紫に変色したりと、肌ダメージが進んでいることが一目で分かるようになります。メイクでも隠し切れない状態になる前に、皮膚科医に相談して対処しましょう。

●ニキビ跡
ニキビができると気になりますよね。そうすると、つい触ってしまうことがあります。手には目に見えない雑菌が付いているため、触ることによりニキビを悪化させることが多く、悪化したニキビは真皮層にまで影響を与えクレーター状に残ってしまうこともあります。その他にも、色素沈着をしてニキビ跡が茶色に変色してしまったりと様々な痕跡を残す恐れがあります。
ニキビになったら、触らず早期治療を心がけましょう。

メンズの肌トラブルにも保湿クリームは役立つ!


ちなみに、メンズの場合の対処法もご紹介しましょう。男性ホルモンは皮脂の分泌を促進させる働きがあります。特に社会に出る年齢になると、ストレスによって交感神経が活発になり、男性ホルモンはより分泌されやすくなります。

その働きがニキビを悪化させる原因になる場合もあるため、肌を清潔に保ちストレスを解消することを心がけましょう。そして、洗顔後にはメンズだからと避けずにしっかり保湿ケアを行い、水分を補充し皮脂の分泌を抑えることが大切です。

人気の保湿クリームランキング!


クリームランキング

3位 クリニーク モイスチャーサージ EX
サラッとしたテクスチャーでひんやりとした使い心地。ソフトでなめらかな肌を保つ保湿クリームです。
2位 エリクシール ホワイト スリーピングクリアパック
スキンケアの仕上げに最後のひと手間を加えるだけで、潤いに満ちた肌を実感できる夜用パックです。
1位 キュレル 潤浸フェイスクリーム
敏感肌にも安心して使うことができ、毎日のスキンケアで潤いに満ちた肌に導きます。

敏感肌に嬉しい無添加の保湿クリーム


敏感肌

敏感肌ってどんな症状?季節によっても変わるケア方法とは


上述したように、肌が敏感になっている状態を総称してよぶことが多い「敏感肌」。原因の多くは乾燥だといわれています。肌は毛穴から分泌される皮脂と水分によって皮脂膜を作り、肌表面を保湿することで保護しています。しかし、刺激の強い洗顔料や過度な洗顔によって皮脂が洗い流されてしまうと、肌表面は乾燥状態になってしまいます。その状態で化粧水などを使ったときに、ピリピリした刺激を感じることがあるでしょう。それは、肌が少しの刺激でも反応してしまう敏感な状態に陥っているためです。
敏感肌は湿度が低下している冬になることが多いと言われています。外の乾燥に合わせて肌も乾燥をしている冬には、いつもより保湿ケアを入念に行い、敏感状態にならないよう気を付けることが大切です。

セラミドを高配合した保湿クリームがオススメ


皮膚は「セラミド」とよばれる皮脂と水分が混ざり、皮脂膜を形成し肌を守ります。その機能は「バリア機能」といわれ、バリア機能が低下すると肌トラブルを起こしやすくなります。乾燥肌や敏感肌になっているときは、肌がセラミドを作り出すことが難しくなっており、水分を保つことができません。そんなときは、セラミドを高配合した保湿クリームで、肌を守ってあげましょう。
セラミドは肌の上にもともとある成分であるため、刺激を受けやすくなった敏感肌でも安心して使うことができます。赤みや刺激を感じているときに保湿クリームを使うことは不安になってしまいますが、そのまま放置していても改善は見込めません。自分の肌状態に合った保湿クリームを使い、肌を健康に保ちましょう。

3位 ディセンシアアヤナス AS クリーム
敏感肌をケアしながら、シワ・たるみ・ほうれい線なども一緒にケアする女性のためのスキンケアです。
2位 ドクターシーラボ 薬用アクアコラーゲンゲル スーパーセンシティブ
4種類のセラミドや和漢植物混合エキスで、敏感な肌を守りながら潤いを与える保湿クリームです。
1位 小林製薬 ヒフミドエッセンスクリーム
肌ダメージを貯蓄している肌にセラミドを与え、高い保水力を持続させる保湿クリームです。

保湿クリームは顔だけでなく全身にも必要?


全身にクリーム

かかとやひじが乾燥するのは皮脂腺が原因だった!


かかとやひじは皮脂が出にくいため乾燥しやすくなる部分です。更に、歩くたびにかかとへ外部刺激が伝えられ、テーブルにひじを付いても刺激を受けるでしょう。肌は刺激を受けると、体を守るために皮膚を厚く固くしていく傾向があります。皮脂が出にくく柔軟性を保つことも難しい部分なので、かかとやひじはガサガサしやすいのです。
また、冬の乾燥した時期は一層乾燥が進むため、かかとはひび割れを起こしたり、ストッキングを履くときに引っかかったりと生活に支障が出る場合があります。加齢や生活習慣の乱れ、ストレスによっても古い角質がはがれにくくなることもあるため、健康な生活を心がけターンオーバーを正常化し、肌を新しく生まれ変わらせてあげましょう。

ケアの一歩目は角質除去から


では、ガサガサしているかかとやひじを柔らかくするためにはどうすれば良いのでしょうか?すぐに保湿クリームなどでケアをしても十分な効果は期待できないため、まずは硬くなっている角質を取り除くことから始めましょう。理想的なケアタイムは入浴時です。湯船につかることで角質が柔らかくなっているときを狙いましょう。スクラブ入りの洗浄料やピーリングクリームなどを使い、優しく角質を落としていきます。そして硬くなっている角質を洗い流したところで、保湿クリームで保護をしていきます。角質は毎日少しずつ増えていくため、定期的なケアを心がけましょう。

プチプラな保湿クリームで体にも潤い!ニベアが人気!


プチプラ

プチプラアイテムだと保湿力に不安を覚える方もいるかもしれませんが、プチプラアイテムは長年愛されているものばかり。その中でも人気が高いものをご紹介します。

5位 ヴァセリン
高い保湿力を持ち唇の乾燥ケアも一緒にできる、スキンケアクリームです。
4位 ソンバーユ
馬油100%で作られた保湿クリームです。オイル独特の臭いがしないため、全身に使うことができます。
3位 スチームクリーム
缶デザインの可愛さから話題になった保湿クリームです。天然由来成分を使い、高い保湿力を持つことも魅力です。
2位 ユースキン
ひびやあかぎれ、しもやけに昔から使われてきたハンドクリームです。べたつきが少なく、色々な部分に活用できるので人気が高いクリームです。
1位 ニベア
小さい子どもから大人まで、全身に使えるスキンケアクリーム。「青缶」とよばれ親しまれていますね。基本の保湿クリームとして、男性にも人気です。

皮膚科で処方される保湿クリームは市販の物とは違う?


皮膚科

ステロイドはスポット使用


アトピーや皮膚炎に悩まされている方には、炎症を鎮めたりアレルギー反応を抑えてくれるなじみ深い薬ですが、副作用に不安を覚える方もいるのではないでしょうか。皮膚科に行き、医師からステロイドを処方するといわれて不安になった方もいるでしょう。ひどい皮膚炎に処方されることが多い薬であるため「強い薬」だという先入観をもたれることもあるかもしれません。確かに副作用がある薬ですが、正しい知識をもち必ず医師の処方に従って用法・用量を守り使用すれば、効果的な薬です。

今話題のヒルドイドってなに?


ヒルドイドとは保湿剤の一種です。クリーム・軟膏・ゲル・ローションの4種類があり、使用方法によっては副作用が出る薬でもあります。肌の水分を保つことで肌のバリア機能を改善し、血行促進効果も期待できることから、しもやけなどの血流改善薬として使用されている場合があります。そして肌の傷跡を滑らかに整る効果を期待できるため、美容の観点からも人気が集まっています。しかし、ヒルドイドは赤みやかゆみなど副作用が出る可能性がある薬であり、使用する際は必ず医師の処方に従って用法・用量を守り使用することが大切です。

保湿クリーム効果的な使用方法


効果的な方法

肌にとって最も必要なケアは保湿です。水分がきちんと保たれた肌は、色つやも良く弾力があるため小じわやシミも目立たなくなります。加齢や季節、食生活の乱れやストレスなど様々な環境によって肌状況は変化します。肌トラブルが起きてしまったときには、医師に相談しながら処方された薬を正しく使い、通常時には保湿ケアを心がけることが大切です。そうした日々の積み重ねによって、キメが整った若々しい肌を保つことが出るでしょう。
ストレスを解消し食生活や生活習慣を見直すことで、体も健康になり肌も潤いをもったつややかな状態をキープできると言われています。保湿ケアをすることによって、さらに健康的な肌へと変化していくことを期待できるのです。ドラッグストアなどでは様々な種類の保湿クリームが売られていますが、その時の自分の肌状態に合った保湿クリームを選ぶことがポイントになります。
健康的な肌は年齢を感じさせません。保湿クリームを使い、若々しい肌で過ごしましょう。