前髪の分け目の作り方から風水的に性格を解釈?


分け目を風水で占う

家の間取りを決める際に、風水のような中国系の開運術を参考にする人は少なくありません。この風水の考え方で、人の性格を解釈したり占ったりする人がいるのをご存じですか? その手がかりとなる人の外見的特徴の一つが「前髪の分け目」です。

前髪は隠すことのできない、人の目によくさらされる部分です。もしかしたら、あなたもあなたの周囲の方から「あの人の分け目はこうだから…」と性格をこっそり診断されているかもしれません。

当たるか当たらないかは別として、どのような考え方をされているか気になりませんか? もしかしたら、相手の風水的な性格診断によって、自分の利益が損なわれているかもしれません。逆に評価が実際よりも高くなって、自分の利益になる可能性も。
髪の分け目を変えてイメージチェンジを図るのは、人間関係を円滑にする手掛かりになる場合もあるというわけです。

では、前髪の分け目を手がかりに、性格をどのように解釈されるのでしょうか。分け目の種類別に確認してみましょう。

関連画像をもっと見る

前髪の分け目で性格診断


●左寄りの分け目
1、おとなしそうな印象
2、派手でない地に足の着いた生活をしたい人向き
3、学問運、金運が開けている人

●右寄りの分け目
1、朗らかな印象
2、人間関係を豊かにしたい人が選ぶとよい
3、勝負運、金運、人間関係運、恋愛運、結婚運が開けている

●額の真ん中で分ける分け目
1、知的で冷静沈着な印象
2、判断力が優れていると思われたい人に向く
3、金運、仕事運、人間関係運が開けている

●分け目がない
1、気さくな印象
2、仕事で活躍し、出世したい人に向いている
3、仕事運、人間関係運が開けた人

人相学による髪の分け目の性格診断


他に、人相学での分け目による性格診断があります。

●左寄りの分け目
1、私的な一面を見せる親しげな人
2、過去から築き上げてきたもの、特に家族や人間関係を大切にする人

●右寄りの分け目
1、私的な面は見せず、他人に対して公の自分のみを見てもらおうとする人
2、未来志向的で、過去よりも将来の目標に受かって突き進んでいくタイプ

●真ん中の分け目・分け目がない
1、公私のどちらも大切にできるバランス感覚の優れた人
2、切り替えが上手く、リーダーシップに優れているタイプ

風水や人相学などのような解釈はされないにしても、何らかの固定したイメージを持たれている可能性はあります。
また開運やイメージとは別に、分け目を変えたほうがよい、もっと現実的な理由もあります。その点を確認しましょう。

左右どっち?髪の分け目をキープしたいあなたは要注意


分け目のキープ

髪の分け目にこだわりがあり、キープし続けている人は注意したいことがあります。
これは性別を問わず、だれもに関係する「分け目はげ」になる恐れがあるという点です。

小学校や中学校の頃、ずっと同じ分け目で通しているクラスメートはいませんでしたか? よく見てみたら、その分け目が分け目の定まらない、寝癖が多いかヘアスタイルにこだわりのない子に比べると、分け目が広がっていたのではないでしょうか。

分け目はつむじの位置によって左右されます。意識的に変えるか、髪が根元から立ち上がりがちな生え方のクセのない限り、つむじに従った一定の位置に収まりがちです。

そして、このつむじに合わせた「いつもの分け目」をキープし続けていることこそが分け目はげの原因になってしまうのです。

ずっと同じつむじの向きに従った分け目のままにしていると、その分け目部分の髪を立ち上げている筋肉である「立毛筋」の力が、分け目の両側の髪の重さのせいで弱まってしまいます。これは牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)と呼ばれる状態で、育毛の対象にもなります。

他にも、分け目をそのままにしているために頭皮にダメージが与えられていることがあります。これは「紫外線」が原因です。

顔や首、腕など外に見える部分は紫外線が辺りやすく、目で見ることもできます。その分、日焼け止めを塗るなどのスキンケアも頻繁に行いますよね。しかし、頭皮はどうでしょうか。夏などに暑くて帽子を被ることはあっても、日焼け止めを塗ることはありません。

紫外線による分け目の頭皮へのダメージは、気づかぬところで進みます。分け目の頭皮が常に外気にさらされ、乾燥も起こります。

顔の肌と同じように頭皮も、表面が乾燥すると内部も次第に乾燥します。肌内部の水分量が足らなくなると、細胞へ新陳代謝のための栄養を運ぶことが難しくなるほか、老廃物の排出も滞りやすくなり、薄毛リスクが高まってしまうのです。

以上のように、髪の重さや紫外線、乾燥による頭皮へのダメージを軽減し、薄毛リスクを小さくするためにも、分け目を時々変えることは大切なのです。

目安として、長くともだいたい2カ月から3カ月おきに分け目を少しずつ変えること良いでしょう。

髪の分け目を変えてみよう!


分け目を変える方法

たまには分け目を変えてみるのもいいかもしれません。例えば、職場や学校で制服の着用を求められる場合があります。ほかにも神社や寺院などでの宗教儀式や、もっと身近な例なら結婚式などで衣装を変えるとき、私たちは髪型もそれ相応のものにします。その場にふさわしい装いをすることで、気持ちを合わせる意味があるからです。

分け目を変えることも、場に合わせた衣装をまとい髪型を整えるのと同様に、自分のオンとオフを切り替えるツールにしてみてはどうでしょうか? 分け目を変えることで、オフィスとプライベートでの気持ちの切り替えがしやすくなります。

単に人間関係を円滑にするだけでなく、自分のライフスタイルを維持し快適にするために、前髪の分け目を変えることが役に立つのです。

できた髪の分け目をなくすには?


できた分け目

女性の薄毛は、高齢の女性の間では問題になることが多いです。テレビのCMやネットの広告でヘアウィッグの紹介を見たことはありませんか? 高齢の女性に限らず、決まった髪型を好む人の中には、分け目からの薄毛を心配している例が少なくありません。

分け目をそのままにしておくと、俗に「分け目はげ」と呼ばれる牽引性脱毛症を招き、薄毛につながりやすくなります。では、すでに分け目が強くクセづいてしまっている場合、分け目のクセをなくすにはどうしたらよいのでしょうか?

短期的な対策


すぐに取りかかれる分け目の薄毛対策は、分け目を変えることです。分け目の髪の薄さや地肌の色味を、他の髪で覆うことで目立たなくさせます。

ずっとそのままにしていた分け目だと、髪がクセづいているために、新しい分け目がうまく作れないかもしれません。

そのような場合はスタイリング剤をつかいましょう。また、その際に下準備をしておくとさらに効果が高まります。
具体的には、髪を軽く濡らしてから新しい分け目を作ります。ブラシで周囲の髪を伸ばしながら、ドライヤーの風を根元に当ててクセをつけます。乾いてきたらそのまま冷風に切り替えて冷やし、最後にスタイリング剤で整えて完成です。

長期的な対策


分け目の薄毛の長期的な対策は、牽引性脱毛症を防ぐことと、頭皮へのダメージを小さくし、育毛することの2点を目的として行います。

まずはヘアスタイルを見直して牽引性脱毛症を防ぎましょう。例えばエクステや、バレリーナやキャビンアテンダントのするような、髪を後頭部にまとめて引っ張りキープするような髪型は頭皮へ負担がかかるため、業務で必要な時間以外は控えるようにします。

次は、頭皮のダメージを防ぎます。広くなってしまった頭皮には日焼け止めを塗って紫外線対策をしましょう。帽子や日傘で直射日光や風から頭皮を守り、肌の乾燥を防ぎます。

さらに、育毛のための工夫をします。食生活から改善するなら、過度なダイエットは行わないことが大切です。肉のタンパク質から得られるアミノ酸は、髪の素であるケラチンの原料です。サラダだけなどローカロリー食材ばかりでなく、栄養バランスに注意しましょう。

育毛のためには生活習慣の立て直しも大切です。規則正しい生活とストレスの解消とで、新陳代謝の低下を防ぎましょう。時々の頭皮マッサージも忘れずに。

育毛に効果があると言われるサプリメントや健康食品を使用するのもよいですね。アミノ酸シャンプーに変えて傷んだ髪のケラチンを補修します。センブリエキス・人参エキスで血行不良の改善を狙います。また、イソフラボンを摂取して、年齢が上がるとともに減少する女性ホルモンの機能を補い、薄毛に影響するテストステロンの影響を抑えます。

また、育毛専門の商品やサービスを利用するのもよいでしょう。女性向けの育毛剤や、発毛治療のためのクリニックを受診するのもおすすめです。

つむじのくせを知ろう!髪の分け目を変えると印象アップ


つむじ

髪の分け目を変える際に参考にしてほしいのが、「つむじの巻き方」です。

自分では確認することの難しいつむじですが、自分やだれかの手を借りてスマートフォンなどで写真を撮ってみると観察しやすくなります。

つむじの巻き方は、分け目の作りやすさに大きく関係しています。例えば右巻きのつむじの人は、左に寄った分け目が作りやすいです。逆に左巻きのつむじなら、右側に分け目が作りやすくなります。

髪の量によっては分けたい髪の位置は異なってきますね。例えば、毛量がもとより少なめの人や、日本人に多い髪にボリュームができにくく、トップがペタッとしやすい人は、自分のつむじの巻き方に従った分け目とは逆向きになるように分けてみましょう。髪の流れに逆らう形になるため、ペタッと寝ていた髪が自然と立ち上がるようになると言われています。

髪の量が元々多くて困っている人は、つむじの向きに合わせることでボリュームを抑える効果を期待できます。分け目のクセを変える場合には、自分のいつもの分け目と同じ側で小さく移動すればOKです。

また、ベリーショートくらいまで髪をカットするなら、このような分け目の悩みも小さくできるかもしれません。髪全体が短くなることで、髪の重みが小さくなりクセの付き方も小さくなるからです。

短い髪なら軽く濡らした髪にハードワックスでクセをつけるだけでいいので、分け目を気にせず毛流れを作りやすくなります。髪が短くなることで爽やかで新鮮なイメージを作りやすいのも利点の一つですね。頭皮の疲れを一旦リセットするのにもおすすめです。

もしお出かけ前に時間の余裕を作れるようでしたら、ヘアアイロンを取り入れるのも良いでしょう。ドライヤーよりもピンポイントでクセをつけやすく、つむじの流れに逆らう場合はより楽に行えます。

新しい髪の分け目でイメチェンも簡単!ジグザグ分けも!


新しい分け目

髪の分け目を変えることは、自己イメージをポジティブに保つことや、自分に有利になるように自己演出をすることに便利です。

また頭皮の健康を保ち、長期間にわたって元気で豊かな毛量を維持するためにも、髪の分け目をおろそかにするべきではないことがわかりました。

分け目を変えることは、ファッションを引き立てることにもつながります。

例えば、分け目のラインに変化をつけるのも面白いですよ。編み込みや「くるりんぱ」という編み込み風のヘアアレンジでは、二つにブロッキングする際にくしの持ち手の細い部分を使ってジグザグに分けて、楽しい印象にすることができます。

頭頂部から前髪にかけての分け目も、後頭部は右寄りに、そこから前髪に近づくにつれて左寄りになるように斜めに分け目を引いてもいいのです。もちろん、細かいジグザグでもかまいません。いつもと違う方法を試すことが大切です。

ところで、分け目によって頭部のケガや手術の傷跡が見えてしまうという場合には、無理に左右にどちらかにする必要はありません。左・右寄りの範囲の中で小刻みに移動させるなど、少し変化をつけるだけで十分効果を期待できます。

分け目は、素肌に化粧をするように、自分のなりたいイメージに合わせて簡単に変えられます。今日、鏡の前に座るときにはちょっと時間をとって、どちら向きにしてみようかと試してみてはどうでしょう。

まだやったことのない分け方をすることで、周囲の人とのコミュニケーションや自分の気持ちが大きく変わることもあるかもしれません。

頭皮を健康に保つだけでなく、自分の心身の健康のためにも、ぜひ分け目のバリエーションを増やして、いろんな自分を発見してみてはいかがでしょうか?