メイク用品の断捨離の時期とは?


そのメイク用品ずっと使ってない?思い切って断捨離しましょう

化粧品は製造年月日がないものがほとんどですが、その場合は開封前なら3年は品質を保てるため、記載がありません(医薬品医療機器等法)。なので使わずに3年経ったものは迷わずに捨ててください。
メイク用品別に見る開封後の一般的な使用期限は以下の通りです。

【3ヶ月以内】
・マスカラ
・アイライナー(リキッドタイプ)
【6ヶ月以内】
・ファンデーション
・化粧下地クリーム等
・リップクリーム、グロス、口紅
・日焼け止め
・化粧水、乳液
・洗顔料
【1年以内】
・アイライナー(ペンシルタイプ)
・アイシャドウ
【2年以内】
・チーク
【その他】
・ブラシ…毛が抜けたら
・香水…香りが変わったら
・スポンジ…洗って色が落ちなくなったら

【使用期限内であっても捨てた方が良い時】
・異臭がした時
・色がおかしい時
・肌につけたら炎症や湿疹がでた時

関連画像をもっと見る

メイク用品は開けた瞬間からどんどん酸化している…


そのメイク用品ずっと使ってない?思い切って断捨離しましょう

化粧品は肌との密着をよくするために油分が入っていることが多いのですが、一度開封するとこの油分がどんどん酸化していきます。酸化したものを肌につけていると色素沈着したり、お肌に炎症が起きたりとトラブルに見舞われることも。

アイライナーも削ると新しい場所が出てくるペンシルタイプと肌に触れる場所がいつも同じところのリキッドタイプでは雑菌の繁殖具合が違ってきます。「なんだか目がかゆいな」という方はそういったアイメイク用品の可能性も。

リップクリームも何本も持っている場合、1年前に買ったものを使っている…なんてこともありますよね。思ったよりも使用期限が短くて、捨てるのも勿体無い気もしますが「1年使わなかったものはこれからも使わない」という断捨離の精神とお肌のためにも使用期限がきたら思い切って捨てた方が良さそうですね。