虫歯予防は歯ブラシだけでは不十分?デンタルフロスの効果とは?


歯医者さんは絶対使ってる?虫歯・口臭予防にはデンタルフロス!

毎日のオーラルケアはとても大切です。「歯ブラシをしっかりしているから大丈夫」という人も多いと思いますが、歯ブラシのみの歯垢除去率は、約60%ほどしか除去できていないと言われています。

これは歯ブラシが届きにくい、歯と歯の隙間に残った歯垢の除去ができていないことを示す数字でもありますが、それだけ歯ブラシだけでは十分にケアできていないということなのです。

虫歯のおよそ90%が歯と歯の間から発生すると言われていて、「歯ブラシをしっかりしているのに虫歯になる」という人は、こうした歯ブラシの磨き残しをずっと磨けずにいたことが原因の可能性があります。

ちなみに歯ブラシに加えてデンタルフロスを使った場合、歯垢除去率はなんと、およそ80%まで上がると言われています。これは虫歯予防に大きな効果が期待できますよね。

関連画像をもっと見る

デンタルフロスを使うメリット


歯医者さんは絶対使ってる?虫歯・口臭予防にはデンタルフロス!

デンタルフロスを使う最大のメリットは、歯ブラシでは届かない歯と歯の隙間の歯垢を除去できることにありますが、ほかにもいくつかあるのです。

歯と歯の隙間には食べかすや歯垢がたくさん残っています。これらは口臭の原因にもなりますので、デンタルフロスで取り除くことで口臭の改善が期待できます。

さらにデンタルフロスのメリットとしてあげられるのが、虫歯のセルフチェックです。デンタルフロスを使用していて、歯と歯の間で糸が引っかかったり、歯がざらざらしたりする場合は、初期の虫歯の可能性があります。

また、詰め物やかぶせ物の不具合も見つけやすいです。いつも問題なく入っていた歯と歯の間にデンタルフロスが入らなくなったり、糸がばらけてしまったり。またデンタルフロスを使って出血がある部分は、歯周病の疑いがあります。


デンタルフロスを使うのと使わないのでは、虫歯の予防効果に大きな差があります。歯医者さんが使用しているというのも頷けますよね。是非皆さんもデンタルフロスを使ったオーラルケア、実践してみてくださいね。