暖房による肌の乾燥を防ぐには、朝のスキンケアとメイクが大切!


オフィスの暖房による肌の乾燥を防ぐためのスキンケアとメイク術

朝は忙しくて常にバタバタしている方が多いはず。寝る前にしっかり念入りに保湿ケアをしたし、朝のスキンケアは適当でいいや!と洗顔後に化粧水をさっとつけただけでは、オフィスの暖房による乾燥に負けてしまうでしょう。

日中の肌は、寒い外気の乾燥、オフィスでの暖房による乾燥、紫外線などによりストレスを感じてしまいがち。乾燥や刺激からしっかり肌を守ってあげるには、朝のスキンケアが重要になってくるのです。

関連画像をもっと見る

朝のスキンケアとメイクで乾燥対策をする方法


オフィスの暖房による肌の乾燥を防ぐためのスキンケアとメイク術

朝のスキンケアは、いつもより余裕を持って念入りにすることで乾燥を防ぐことができます。まずは、もこもこの泡で優しく洗顔をし、しっかり洗い流して柔らかいタオルで水分を吸収させたあと、すぐに導入美容液で潤いを与えましょう。導入美容液を化粧水の前につけておくことで、肌が柔らかくふっくらとしていき、化粧水の浸透力がアップします。

導入美容液を馴染ませたら、500円玉ほどの量の化粧水を手のひらに取り、両手で温めてから肌につけていきます。これを2〜3回繰り返してベタつきがなくなったのを確認したら、乳液を薄く伸ばして潤いに蓋をしてあげましょう。

またベースメイクの前に、乳液の油分を軽くティッシュしておくことでメイク崩れを防ぐことができます。メイクをするときには、テカリやすいTゾーンに皮脂を吸収する化粧下地を、乾燥しやすいフェイスラインや頬などには保湿効果が高い化粧下地を塗っておくといいでしょう。スポンジで均等に馴染ませたら、ファンデーションを薄く伸ばしていきます。

ファンデーションをつけたあと、米粒ほどの大きさの保湿オイルを手のひらに取り、よくこすり合わせてからファンデーションの上から優しく馴染ませると日中の乾燥から守ってくれるでしょう。

それでもオフィスで乾燥してしまう場合は、まめにミスト化粧水を振りかけて潤いを与えてあげることが大切です。ファンデーションの上から均等にスプレーをしてそのままにしておくのではなく、清潔な手のひらで顔全体を包み込み、しっかり馴染ませます。手のひらを動かしてしまうとファンデーションがヨレてしまうので気をつけてくださいね。

日中の乾燥対策には朝のスキンケアが超重要!


日中の乾燥対策には朝のスキンケアが超重要!
朝はゆっくり寝ていたいのが本音ですが、肌が乾燥するとファンデーションがうまくのらなかったり、くすみや小じわなどにつながってしまいます。朝5分でも早く起きて念入りにスキンケアをしてから仕事に向かう努力をするだけで、冬の厄介な暖房による乾燥から肌を守ることができるでしょう!


 Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/