不自然な艶がある、ビニール肌の見分け方って?


ツルツルすぎるビニール肌は危険!?その原因と正しいスキンケア

そもそもビニール肌とは、必要な角質が剥がれすぎてキメがなくなった状態のことを指します。潤ってみずみずしいツルツルすべすべの肌と、テカテカしているビニール肌は一見似ていますが、ビニール肌の方は角質層が無理矢理剥がれ落ち、その下にある顆粒層がむき出しになっているので、わずかな刺激でも肌が赤くなったり、痛みやかゆみを感じてしまいやすいと言われています。

ビニール肌を見分ける方法は、近くで見ると肌がツルツルしていてビニールのように見える・洗顔後化粧水をつけなくても艶がある・洗顔後の肌がつっぱる…など。当てはまる方はビニール肌の可能性があります。

関連画像をもっと見る

ビニール肌は間違えたスキンケアが原因! 正しいお手入れを


ツルツルすぎるビニール肌は危険!?その原因と正しいスキンケア

ビニール肌になりやすい原因は、強力に落としすぎるクレンジングやゴシゴシ擦った過度な洗顔料、スクラブやピーリングケアのしすぎ、基礎化粧品の使いすぎなどが挙げられます。

特に気をつけたいのがクレンジングとピーリング。メイクをしっかり落とすために強力なオイルクレンジングを使ってゴシゴシ洗いをしていると、肌に必要な油分まで取って乾燥を招いてしまいます。また、ピーリングは週に1回がベスト。毎日のようにピーリングをしていると角質層が剥がれ落ちてターンオーバーが早まりすぎてしまうので要注意。

ビニール肌を改善するには、肌になるべく刺激を与えないスキンケアをすることが大切です。強力なクレンジングを使わないためにも、石鹸で落とせるミネラルファンデーションを使ったり、洗顔はたっぷりの泡で包み込むように行い、すぐに化粧水で保湿ケアに取りかかりましょう。また、ピーリングやスクラブなどを使いすぎて必要な角質を剥がさないように気をつけます。

洗顔料や化粧水などの基礎化粧品は、防腐剤や添加物が含まれていないものを使うとデリケートな状態のビニール肌への負担を軽減させることができますよ。化粧水や美容液、乳液を使う際には、コットンではなく手のひらを使って優しくゆっくり馴染ませていくのも効果的です。剥がすタイプの毛穴パックは必要な角質層まで剥がし取ってしまう可能性があるのでなるべく控えましょう。

ビニール肌は丁寧なお手入れで改善できる!


ビニール肌になってしまった場合は、メイクをなるべくお休みさせたり、石鹸で落とせるミネラルファンデーションを使って洗浄力が強いクレンジングを使わないことをおすすめします。
過度なスキンケアではなく、毎日丁寧な保湿ケアをして、敏感になっているビニール肌を優しくお手入れしてあげてくださいね。


 Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/