ベビーコスメの意外な落とし穴!


肌に優しいだけではない!?ベビーコスメ・自然派コスメの落とし穴

肌に優しいイメージが強いベビーコスメや自然派コスメ! 一体どのようなデメリットがあるのか一つずつチェックしていきたいと思います。

【ベビーコスメの意外な落とし穴】
私たちの肌は、皮膚常在菌のバランスを保つことでニキビなどの肌荒れの原因となる雑菌の繁殖を防いでいると言われています。しかし、ベビーソープやベビーローションなどのアイテムには、免疫力の低い赤ちゃんの肌を守るべく殺菌剤が含まれていることが多いそう。殺菌剤を含むコスメは赤ちゃんにとっては安全だとしても、大人が使ってしまうと慢性刺激性皮膚炎を引き起こす可能性も。敏感肌の女性はベビー用のコスメを使用するのではなく、大人用の敏感肌アイテムを有効活用するようにしましょう。

<POINT>
敏感肌用の化粧水や乳液を塗っているにもかかわらず、突然赤みを帯びたり肌がチクチクした経験はありませんか? これはスティンギングという症状である可能性が高いと言われています(※かゆみがない場合に限る)。スティンギングとは、皮膚細胞が誤作動を起こし本当はダメージが無いにもかかわらず誤作動を起こしてしまった状態なんだそうです。スティンギングは毎回起こるわけではないので、引き続き使用しても大丈夫でしょう。ただし、症状がひどい場合は一度皮膚科医に相談するようにしましょう。

関連画像をもっと見る

自然派コスメは肌に良い? 悪い?


肌に優しいだけではない!?ベビーコスメ・自然派コスメの落とし穴

自然派コスメのパッケージにある「天然成分」という表示を見て肌に優しそう! と捉えている方が多いと思いますが、こちらもベビー用コスメと同じく、単なる「思い込み」である場合がほとんどと言われています。

【自然派コスメは肌に良い?悪い?】
口から入れるものである場合、天然成分の方が体に優しいと言えますが、肌に直接塗るとなると合成成分よりも天然成分の方が肌トラブルを引き起こしやすいんだとか!
例えば自然派コスメにもよく使われているレモンエキス。これらは単にレモンエキスと言ってもビタミンCだけでなくクエン酸・リモネンなどをはじめとした数え切れないほどの複雑な成分が入っているそうです。よって、成分が多ければ多いほどかぶれるリスクも同時に高まりやすくなります。肌が弱い敏感肌の女性の場合、自然派コスメよりもビタミンCなど一つの成分に特化した合成化粧品を使用する方がより安全で効率が良いと言えるでしょう。

<POINT>
容器の形からも化粧品の安全性をある程度推測できると言われています。チューブタイプの場合、空気に触れないため腐りづらいですが、手や指を入れるジャータイプのコスメは腐敗しやすいため肌トラブルの原因となる防腐剤がたっぷり配合されている可能性があるそうです。

いかがでしたか? 今後スキンケアアイテムを選ぶ一つの基準として是非参考にしてみてくださいね。