ニキビに日焼け止めを塗るのは抵抗がある…


ニキビに日焼け止めは不安…それなら選び方と使い方を見直そう!

紫外線は1年中降り注いでいることはわかっていても、ニキビができていると日焼け止めをあまり塗りたくないですよね。ニキビに日焼け止めを塗ると余計に悪化してしまいそうなイメージがありますが、なにもつけずに無防備なままニキビに紫外線を浴びると、肌が自分を守ろうとして角質が厚くなってしまうことも。

角質が厚くなることで、毛穴を防ぎアクネ菌が繁殖してニキビが治りにくくなってしまうとも言われているため、ニキビがあっても日焼け止めを塗って紫外線対策をすることをおすすめします。

関連画像をもっと見る

ニキビに優しい日焼け止めの選び方や塗り方は?


ニキビに日焼け止めは不安…それなら選び方と使い方を見直そう!

ニキビができているときは、できるだけ肌に負担がかからない日焼け止めを選ぶことがポイントです。まず、日焼け止めを購入するときにノンコメドジェニックテスト済み・ノンケミカルと記載された日焼け止めを選びましょう。ノンコメドジェニックとは、肌に塗ってもニキビができにくいことが確認されている化粧品なので、ニキビができやすい方にもおすすめです。

また、紫外線吸収剤が使われている日焼け止めは肌への負担が大きく、ニキビを悪化させてしまう可能性があるため、紫外線吸収剤を使わずにつくられたノンケミカルの日焼け止めが最適ですよ。

さらに、肌の刺激となりやすい香料や着色料が含まれていない低刺激の日焼け止めや、SPF・PA値が低めの日焼け止めもいいでしょう。こまめに塗り直したり、日焼け止め効果のあるファンデーションやルースパウダーでメイク直しをするとしっかり紫外線対策ができますよ。

ニキビのある肌への塗り方は簡単です。まず、日焼け止めを塗る前にしっかりスキンケアをしてティッシュで油分を軽くオフしてから日焼け止めを伸ばしていきます。ニキビができている部分は擦らないように気をつけて清潔な指の腹を使って馴染ませてくださいね。仕上げにフェイスパウダーを軽くのせて完成です。

ニキビができているときこそ日焼け止めで紫外線対策を!


ニキビに日焼け止めを塗ると炎症したり、ヒリヒリしてしまったりしそうな気がしますが、ノンコメドジェニックやノンケミカルの日焼け止め、低刺激で紫外線カット力が低い日焼け止めを選ぶことで、ニキビに負担をかけずに紫外線対策ができるでしょう。日焼け止めを落とすときは、クレンジングと洗顔を丁寧に行ってくださいね。


 Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/