アンチエイジング効果に期待できる沖縄の食材について


【沖縄料理で最強アンチエイジング】おすすめの食材・レシピをご紹介

沖縄といえばゴーヤ・さとうきびなどの食材が有名ですが、これ以外にも地元県民の方が昔から重宝している「最強アンチエイジング食材」があると言われているんです!各食材の名称や含まれている成分について具体的にチェックしていきたいと思います。

1.【パパイヤ】抗酸化成分である「ビタミン」・「ポリフェノール」が豊富で血液をさらさらにし、老化を抑える効果や胃腸の消化を助ける働きがあると言われています。

2.【ツルムラサキ】ビタミンやミネラル類が豊富でほうれん草に似た食感です。沖縄ではお浸しや味噌汁に使われることが多いそう。

3.【ニガナ】沖縄で自生している代表的な野草で名前の通り味はとても苦いですが、栄養価はビタミン・ミネラル類など非常に豊富に含まれているそう。生のままでも食べられますが最初は茹でて食べることをおすすめします。

4.【ノニ】ジュースやサプリなど健康食品としても販売されているノニ。スーパーフルーツの一種で、免疫力を高めるプロセキロニンをはじめとした約150種類以上の有効成分が含まれていると言われています。

<POINT>沖縄には「シンジムン」という皮をむかないままの大根・レンコン・人参・ごぼう・にんにく・生姜・野草を煮込んだスープ料理があり、体調を崩した時などによく食べられているそうです。野菜の皮は身よりも栄養があると言われているので、美容・健康のためにも出来れば廃棄せずにそのようなスープ料理の材料として使用していくといいでしょう。

関連画像をもっと見る

アンチエイジング効果抜群!おすすめの沖縄料理【シークワーサーゼリーの作り方】


【沖縄料理で最強アンチエイジング】おすすめの食材・レシピをご紹介

クエン酸・ノビレチン(ポリフェノール)など女性のお肌に嬉しい成分をたっぷり含む、シークワーサーを使ったおすすめレシピについてご紹介します!

<シークワーサーゼリーの作り方>
【材料】
シークワーサー 100㏄
砂糖  80g
水 400cc
ゼラチンパウダー 10g

【作り方】
1.ゼラチンパウダーを少量の水で溶かしておきます。
2.小鍋に水・シークワーサー・砂糖・1を入れ加熱します。
3.沸騰する直前に火を止め、容器に入れます。
4.冷蔵庫で3時間以上冷やし固め、完成です。

<POINT>シークワーサーのカロリーは100g中25kcalと超・低カロリー!上記のようにゼリーとして砂糖やはちみつを入れても安心して食べやすいです。また、シークワーサーに含まれるノビレチンは、血糖値の上昇を抑える効果に期待できるためダイエット中の女性にはもってこいの食材であると言えるでしょう。

アンチエイジング効果に期待できる沖縄の食材〜おすすめレシピについてピックアップしました。いつまでも若々しい見た目をキープしたい!という方は沖縄料理を普段の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?


 Profile

■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/