カレーの美容効果はスパイスにあった?取り入れたいスパイスとは?


カレーは美容に効果あり?スパイスに隠された美肌効果とは?

カレーと美容。一見無縁のようにも感じますが、カレー王国インドには美人がたくさんいますよね。1日3食カレーを食べているとしたら、やはりカレーには美の秘密が隠されていても不思議ではありません。

結論から言えば、カレーの美容効果の秘密は「スパイス」にあります。たとえば辛味成分のチリパウダーや赤唐辛子に含まれる「カプサイシン」は、発汗作用があり、脂肪燃焼、つまりダイエット効果が期待できるのです。

血液の循環も良くなるため、冷えの解消にもつながると考えられています。発汗作用が働くと老廃物の排出も盛んになることから、美肌の効果も期待できます。

さらに美肌に有効なスパイス「ターメリック(ウコン)」を加えるのも効果的です。ターメリックには殺菌作用があり、皮膚の炎症などの肌トラブルにもってこいなのです。

また、ターメリックの主成分の黄色い色素「クルクミン」には強力な抗酸化作用があり、老化によるシワなどの原因となる活性酸素を除去する効果が期待できます。

インドの女性の肌の美しさは、こうしたスパイスによって磨かれていたのですね。

関連画像をもっと見る

カレーは美容のみならず、体を元気にしてくれる!


カレーは美容に効果あり?スパイスに隠された美肌効果とは?

カレーを食べるとなんだか元気になりませんか?というのも実はカレーのスパイスには、内臓を元気にする効果があると言われているのです。

たとえば「クミン」は消化吸収を促進して、胃腸の働きを助ける効果があると考えられています。

クミンはビタミン類やミネラルのほか「クミンアルデヒド」などの抗酸化物質が含まれていて、腸内のガスの排出などデトックス効果も期待できます。また前述のターメリックには、肝機能を強化する働きがあり、肝臓を元気にしたい人にもカレーはおすすめです。

ご紹介した美容に効果的なチリパウダーやクミン、ターメリックはスーパーなどでも取り扱いがあるスパイスなので、気軽に試すことができます。インドの女性のような肌ツヤを手に入りましょう!