乾燥しやすい冬こそ髪の毛にフケが出やすい!?


冬なのに髪の毛にフケが出やすい原因を知って健やかな頭皮に

頭皮トラブルは汗をかきやすい夏に多いイメージがありますが、実は冬も頭皮トラブルが多い季節。頭皮も肌と同じようにターンオーバーによって皮膚の生まれ変わりが行われています。もともと、髪の毛に出るフケは頭皮の角質が剥がれ落ちたもので、頭皮の環境がきちんと整っている場合はシャンプーをしたときに自然と取り除かれます。

必要な皮脂や潤いまで過剰に洗い流してしまうシャンプーや、肌に合わないヘアケア用品を使っていると、乾燥が進行して古い角質が剥がれ落ちやすくなりフケが出やすいと言われているのです。

関連画像をもっと見る

乾燥を予防することがフケ対策への近道


冬なのに髪の毛にフケが出やすい原因を知って健やかな頭皮に

冬は体や顔だけでなく頭皮の乾燥対策も欠かせません。髪の毛についたフケを取り除こうとしてゴシゴシブラッシングしてしまうと、頭皮が傷ついて余計にフケが発生してしまうので注意が必要です。

まずは、乾燥肌や敏感肌でも使える洗浄力がマイルドなシャンプーに変えてたっぷりの泡を立ててから泡をクッションに見立てて擦らないように洗っていきましょう。トリートメントは頭皮につけないように気をつけ、すすぎ残しがないようにしっかり洗い流します。タオルドライをしたら頭皮が濡れたままにならないようにすぐにドライヤーで乾かしてくださいね。

髪の毛が乾いたら頭皮用のローションをつけて頭皮を潤わせたり、加湿器を使って部屋の湿度を保つこともポイントです。体や肌と同様に頭皮の潤いをしっかり保って乾燥によるフケを予防していきましょう。

髪の毛のフケは頭皮の潤いを保つことが重要


冬はつい体や肌の保湿ケアを念入りに行いがちですが、毎日のちょっとしたヘアケアで頭皮を乾燥させずに済みますよ。頭皮の潤いをキープするヘアケアで健やかな頭皮を手に入れてみてくださいね。