軟水と硬水の違いとは?


硬水と軟水あなたはどっち派?水を飲み分けて効率的な美容効果を!

軟水と硬水の主な分け方をご存知ですか?実は水に含まれるカルシウムイオンとマグネシウムイオンの含有量で分類されます。これらの含有量が少ない水が軟水、多い水を硬水と分けています。

日本の地層はミネラルの少ない火成岩が多く、険しい山脈のため、雨水があまりミネラルを吸収しないまま川に流れ着くため、水はほとんどが軟水なのだそう。

軟水の特徴はミネラルが少ないため、飲みやすく日常的に飲むことに適した水と言えるでしょう。赤ちゃんや胃腸機能が弱っている人にも安心して飲むことができる水です。肌にも優しいので、洗顔や洗髪にも適した刺激の少ない水なのです。

一方硬水は、カルシウムやマグネシウムを豊富に含んでいるのが特徴です。そのため硬水の水を飲むのは、ミネラルが不足しがちな日本人にも手軽にミネラル補給ができる方法です。

ただし、硬水に含まれるマグネシウムは過度に摂取すると胃腸に負担をかけてしまいます。日本人は軟水に慣れているので、高度の高い水を飲むと下痢を引き起こすこともあるので注意が必要です。

また、海外旅行などでシャワーを浴びたときに髪がギシギシになるのは、硬水によるミネラルが原因と言われています。海水浴のあとに髪がギシギシするのも同様に、海水のミネラルが影響しているのです。

関連画像をもっと見る

軟水と硬水の美容へのメリットとは?


硬水と軟水あなたはどっち派?水を飲み分けて効率的な美容効果を!

デメリットが目立つ硬水ですが、メリットは何でしょうか。

硬水にはミネラルが豊富に含まれているため、代謝を促進させる働きがあります。基礎代謝があがり、脂肪燃焼の効果が期待できるでしょう。

また、硬水に含まれるカルシウムは脂肪の吸収を抑える働きがあるため、ダイエット効果も期待できるのだとか!

そのほか、マグネシウムの働きで胃腸を刺激して便秘の改善にも有効なのだそう。ただし、前述の通り胃腸への負担も大きいため、慣れないうちは硬度の高過ぎないものを選ぶようにしましょう。

ちなみに軟水は、老廃物の排出を促したり、美肌効果などがあります。

軟水、硬水それぞれの良さを知って、効果的に飲み分けてみるのはいかがでしょうか。