ほうれい線を目立たなくするためには毎日のケアが必須


ほうれい線が深くなる前に…今しておきたい3つのスキンケア

そもそもほうれい線は、加齢や紫外線、環境やストレスなどによって肌へのダメージが蓄積され、乾燥が深刻になり肌の潤いが奪われることでできやすくなると言われています。特に口元は乾燥しやすいパーツであるため、ターンオーバーが乱れやすく、肌に弾力を与えるコラーゲンやエラスチンを生成する細胞の働きが低下してしまうそうです。

また、加齢とともに顔の筋肉が衰えてほうれい線やたるみにつながる場合もあり、ほうれい線を放置しているとどんどん深くなってしまうため注意が必要です。

関連画像をもっと見る

ほうれい線を深くしないために今からしたい3つのケア


ほうれい線が深くなる前に…今しておきたい3つのスキンケア

ほうれい線をケアするには、肌のハリや弾力を取り戻すエイジングケアがポイントです。まず、忙しい朝やスキンケア時間の短縮をしたいときに頼りがちなオールインワンアイテムですが、これだけでお手入れを済ませるとほうれい線ケアには物足りない可能性があります。年齢を重ねるにつれて、オールインワンアイテムだけに頼らず、化粧水、美容液、クリームなどの重ねづけが重要になってくると言われています。もしオールインワンアイテムを使う場合は、化粧水を2〜3回重ね塗りして美容液を馴染ませたあと使うといいでしょう。

ほうれい線が気になりだしたら、高保湿タイプやエイジングケア用の基礎化粧品を使うのがおすすめです。ほうれい線がある部分は特に念入りにコットンパックをしたり、ハリを与える美容液を優しく馴染ませていきます。

そして、仕上げはクリームで適度な油分を与えて肌のコンディションを整えましょう。クリームはベタつくのが嫌で避けている方は、自分の肌に合った肌馴染みの良いクリームや、なめらかな質感のもの、すっと馴染むジェルクリームなどがおすすめですよ。ほうれい線に少しずつ塗り込んで美容成分に蓋をしてあげてくださいね。

最後は、マッサージケアをしてほうれい線にアプローチしていきましょう。頬にある筋肉がこわばっていると、ほうれい線が深くなりやすいため、クリームを塗りながら優しく顔周りのマッサージをしたり、耳たぶを軽い力で摘んで丁寧に回すとこわばった筋肉がほぐされて効果的です。

早めの対策でほうれい線を改善しよう


毎日鏡と向き合いエイジングサインに早めに気づくことで、肌悩みが深刻にならずに済むはずです。ほうれい線が深くなる前に、今からできるケアをして年齢に負けない上向き肌を目指してみてはいかがでしょうか。


 Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/