なぜ美容オイルがおすすめされるの?効果と種類


なぜ美容オイルがおすすめされるの?効果と種類

「美容オイル」とは美容に効果があるオイルのことを指します。美しい肌を保つのに必要なのは水分と油分です。その油分を補い皮脂のはたらきをサポートすることで油分の不足を防ぐ働きを担うのが、美容オイルなのです。天然の美容オイルは防腐剤や保存料フリーのため、化学物質アレルギーの方や肌が弱い子供も使用できる肌にとても優しいオイルです。天然のオイルですとオーガニック愛好家にも嬉しいですね。一口に「美容オイル」といっても種類や効果は様々です。まずは美容オイルの効果と口コミで話題の人気のオイルをご紹介します。

関連画像をもっと見る

美容オイルの効果について


乾燥する冬の季節、あらゆる肌悩みを解決してくれるのが美容オイル。その保湿効果により、肌の調子が整えられると言われています。さらにマッサージオイルとして使用すれば、リラックス効果も得られるのでは無いでしょうか。

また、お肌だけでなくツヤ髪を目指したい方にも美容オイルはおすすめ。美容オイルは顔だけでなく全身の美容悩みの解決を期待できるのです。

オイルの種類について


一口に美容オイルといっても、様々な種類があってどれにしたらいいか迷ってしまいます。どのオイルも保湿やマッサージオイルとして効果を期待できますが、自分の肌悩みに合わせたオイルを選び、より高い効果を得ることができたら嬉しいですよね!口コミでも人気が高く、プチプラで手に入れやすいオイルを厳選して紹介します。

スクワラン


肌成分に近く、あらゆる肌質に対応しやすいのがこのスクワランオイル。手に入れやすく、プチプラなのも嬉しいところです。美容オイルが初めての方はスクワランオイルから試してみてはいかがでしょう。

ホホバオイル


浸透力が高く、酸化防止効果と保湿効果に優れるホホバオイル。こちらも店頭で買うことができるため手に入れやすく、中にはプチプラなものもあります。肌質を選ばず使用できるため、美容オイル初心者にもおすすめのオイルです。

アルガンオイル


乾燥地であるモロッコで愛用されていたのがアルガンオイルです。肌の再生サイクルを整える効果が期待でき、口コミによりタレントやセレブの間で人気が出た美容オイルです。アンチエイジング効果も期待でき、オーガニック思考の方や美容意識の高い方に人気の高いオイルではないでしょうか。

米ぬか油


最近お肌のくすみやシミが気になる…こんな悩みを抱えた方には米ぬか油がおすすめです。シミをおさえるのに効果的といわれており、お肌に塗ることで美肌効果が期待できるのです。また、肌を柔らかくし、ごわつきの改善にも役立つと言われています。

椿オイル


椿オイルといえば髪の毛へ使うオイルというイメージをもっている方も多いのではないでしょうか。椿オイルは日本人にとってなじみが深いオイルで、口コミによるとニキビ肌にも使いやすいオイルだとか。髪の毛のパサつきをおさえるだけでなく、頭皮ケアやリンスの代わりにも使える汎用性の高いオイルです。

どうやって使えばいいの?美容オイルの使い方と順番


どうやって使えばいいの?美容オイルの使い方と順番

美容オイルの使い方はとっても豊富で、ほぼ全身に使えると言っても過言ではありません。美容のあらゆる悩みを解決してくれる美容オイルの部位ごとの使い方を簡単に紹介します。美容オイルを正しく使用し、さらに美容効果を高めましょう。


美容オイルは肌の保湿などスキンケアだけでなくクレンジングオイルとしても使用することができます。美容オイルはお肌に優しいため、皮膚が薄い部位である顔に使用しても安心ですね。

オイルを数滴、手の全体に塗りこんでから、ハンドプレスしてしっかりと美容オイルをなじませ、保湿効果を高めましょう。オーガニックのものを使用すれば、さらに安心して使用することができますね。

ボディ


美容オイルはマッサージオイルとしての使い方もあります。リンパのマッサージをすればデトックスにもなり、美容効果アップを期待できますね。さらに気になる部分の保湿もすることができ、全身を美しく保つのにきっと役立つはず。

全身くまなく塗りたい方にはバスオイルとしての使用がおすすめです。体を洗った後に湯舟に美容オイルを浮かべれば全身くまなくオイルをなじませることができます。湯舟にオイルを入れることに抵抗がある方は、お風呂上がりの濡れたお肌に美容オイルを塗るとスーッとなじんでしっとりお肌になりますよ。


シャンプー後のリンス代わりや、ドライヤー前に美容オイルを数滴髪の毛になじませることで、パサつきを抑えてしっとり艶のある髪の毛になると言われています。また、髪を乾かした後乾燥が気になる部分になじませるのも良いでしょう。ただし塗り過ぎは要注意、美容オイルが多すぎると髪がべたついてしまうこともあります。ほんの数滴を両手になじませ、毛先を中心になじませるのがコツです。

次にフェイスケアをする際の美容オイルを使用する順番をご紹介します。使用する順番によってオイルの目的は全く変わるため、目的を意識しながらケアをしてさらなる美肌を目指しましょう。

洗顔直後


美容オイルは洗顔直後に塗ることでブースターとして使うことができます。洗顔直後に美容オイル1〜3滴を顔全体になじませるとお肌が柔らかくなり、化粧水の浸透率をアップさせる効果が期待できるのです。いつもより化粧水がよくなじみ、しっとりでもっちりの自分で触りたくなるような美肌へ導きます。

お手入れの最後に


お手入れの最後のクリームに少量の美容オイルを混ぜることで、保湿力アップが期待できます。化粧水をたっぷりなじませた肌に美容オイルで蓋をして、お肌の潤いを保ちみずみずしいお肌を実現させましょう。毎日のお手入れに順番を意識し少し手を加えるだけで効果が期待できるのは嬉しいですね。

美容オイル活用法|オイリー肌でもOK?毛穴やニキビも気になる!


美容オイル活用法|オイリー肌でもOK?毛穴やニキビも気になる!

クレンジングとして


美容オイルをクレンジングとして使用するときは、ポイントメイクをリムーバー等で落とし、あらかじめ蒸しタオルをするようにしましょう。天然の美容オイルは粘度が高いため、顔を温めておくことで美容オイルがお肌になじみやすくなるのです。オイルを顔全体になじませたら、蒸しタオルで優しくふき取り、ぬるま湯でしっかりと洗い流します。天然の美容オイルは粘度が高い性質があるため、蒸しタオルやぬるま湯など暖かい環境で温めながら行うことがきれいな洗い上がりのポイントです。

美容オイルはメイクや皮脂となじみやすく、お肌に負担をかけずに毛穴までしっかりとクレンジングをできる優秀アイテムなのです。

ニキビに効果的なオイル


余分な皮脂はニキビの原因になります。ニキビがあるときにオイルは使用を控えたほうがいい場合もあります。
しかし、ニキビの解消に効果的だと言われる美容オイルもあります。ホホバオイルが持つ殺菌・抗菌作用、消炎作用はニキビの原因であるアクネ菌を抑制し、ニキビによる炎症を抑えることに効果を期待できます。

また、乾燥から皮脂が過剰になってできてしまったニキビに対してはホホバオイルの保湿効果もトラブル改善に働きます。また、ホホバオイルには新しい細胞を作り出すミネラルも含まれているため、ニキビなどの肌トラブルに効果があると言われています。ただし、オイルは塗り過ぎずしっかりハンドプレスで肌に吸収させましょう。吸収されなかったオイルは酸化し、肌トラブルの原因となってしまうのです。美容オイルと上手に付き合い、ニキビトラブルとサヨナラしましょう!

口コミで人気な美容オイルランキング|プチプラやオーガニックまで


口コミで人気な美容オイルランキング|プチプラやオーガニックまで

ランキング5位:髪にも顔にも。天然由来のトータルケア椿油


椿油といえば美しい髪の毛の秘訣。シャンプーやリンスに混ぜて使うのも効果的ですが、椿油をリンスの代わりにしても洗い上がりがしっとりと仕上がります。椿油リンスの方法は、洗面器にお湯を入れ、椿油を2〜3滴たらし髪の毛をつけてなじませるだけ。その後そのままタオルドライして髪を乾かしましょう。椿油が髪の毛をコーティングしてくれるためしっとりとした洗い上がりになります。さらには全身のスキンケアにも椿油は効果的です。匂いも気になりにくいため、場所を選ばず使用することができます。浸透力も高く、潤いたっぷりのもちもちの肌になりますよ。

ランキング4位:マッサージオイルのベースにも使える米ぬか油


ライスブランオイルとも呼ばれ、米を精米した時にできる米ぬかを原料としている米ぬか油。栄養豊富な米ぬかからとれる油は、テレビや雑誌でも徐々に注目を集めています。最近では米ぬかに含まれている「セラミド」はお肌の潤いを保つ働きがあるとされ、米ぬか油は美容にも効果が期待されているのです。「伸びがいい」「匂いも気にならなく使用後はしっとり」と満足度の高い口コミも。300mlで1480円とプチプラなのも魅力的ですね。コスパもよいため、マッサージのベースオイルとしても気兼ねなく使うことができます。

ランキング3位:HABA 高品位「スクワラン」


爪のケアやベビーにもおすすめな「スクワラン」はもともと肌にある潤い成分で、乾燥や紫外線から肌を守る天然クリーム。そのスクワランを外から補うことで、乾燥や小じわなどの肌悩みを改善するのです。HABA 高品位「スクワラン」は純度にこだわっており一滴でも効果抜群。肌のバランスを整えふっくら美肌をもたらします。朝・晩1滴使っても3か月間利用できるという1滴最強のコスパを実現しているプチプラも嬉しい商品です。また、肌に優しいためベビーマッサージにも最適。さらに乾燥の気になる指先に刷り込んでネイルケアにも使用できる汎用性の高さも魅力なのです。

ランキング2位:メルヴィータ「ビオオイル・アルガンオイル」


アンチエイジングにもおすすめのメルヴィータ「ビオオイル・アルガンオイル」はオーガニック愛好者にぴったりの純正のオイルです。肌なじみがよく、べたつかない軽い使用感が特徴です。さらに伸びもよく、少量で広範囲をカバーすることができます。敏感肌の方も使用でき、肌がふっくらしたという口コミも。髪にも体にも使用できるため、乾燥の季節には欠かせないオイルです。

ランキング1位:無印良品「ホホバオイル」


無印良品のホホバオイルは美容オイル初心者にもおすすめです。ネット通販ももちろん、店頭でお手軽に購入可能で、50mlで900円とたっぷり入っておりコスパもGoodです。プチプラなためマッサージオイルとしてたっぷり使用できるのも嬉しいですね。ホホバオイルは乾燥肌をはじめあらゆる肌質に対応して使用できるオールマイティさも魅力です。さらに無印良品のホホバオイルは精製オイルのため、匂いもほとんどなくとっても使いやすい美容オイルです。プチプラ、使用感ともに嬉しい一品です。

覚えておきたい美容オイル選びの注意点


覚えておきたい美容オイル選びの注意点

肌に優しい天然の美容オイルはいいことだらけに思えますが、選ぶ際には注意が必要です。ここでは美容オイルビギナーのための美容オイルの注意点を3つご紹介します。正しい使い方を知り、美容力アップを目指しましょう!

なるべく天然オイル、純度が高いものを使う


一口に美容オイルとは言っても種類は多く、同じオイルでも価格は様々です。どれを使ったらいいのかを迷ったら、注目するべきは純度です。品質の低い美容オイルは肌トラブルの原因となってしまいます。純度の低い美容オイルは不純物が多く含まれ、純度の低いオイルを使用すると油やけが起こってしまったり、かえってシミやくすみの原因となってしまうのです。美容オイルを選ぶ際には価格とともに、純度もチェックしましょう。

防腐剤、保存料フリーのものは保管、使用期限に気をつける


美容オイルは保存方法には要注意です。防腐剤や保存料フリーの天然オイルなどは、種類によって酸化により品質が劣化しやすいものもあるのです。劣化したオイルを使用することは肌トラブルの原因となってしまいます。購入の際は保存期限や使用期限に十分に気を配って使うようにしましょう。開封年月日をラベルしておくとわかりやすく便利です。お肌のためにも保存状態に気を付け、常に新鮮な美容オイルを使用することを心がけましょう。

肌トラブル発生時の対応


肌に優しいと言われている美容オイルですが、人によってはアレルギーなどの肌トラブルを起こしてしまうこともあります。初めて使用する際には、目立たないところで必ずパッチテストを行いましょう。使用して肌トラブルが起こるということはお肌にオイルがあっていないというサインです。

最初は少量のオイルを購入するのがおすすめです。肌トラブルが起こってしまったら、使用をやめ場合によっては医師へ相談しましょう。

美容オイル選びのポイントまとめ


美容オイル選びのポイントまとめ

純度の高い安心できるものを選ぶ


純度の低い美容オイルは不純物が多く酸化しやすいため、かえって肌トラブルの原因となってしまう可能性があります。必ず純度を確認し、納得し安心して購入できるものを選びましょう。

美容オイルごとの使用期限に注意し、使いきれる量を購入する


天然の美容オイルは種類によって使用期限は様々です。数か月しか持たないものもあれば、2年ほど持つものもあります。まとめ買いをすると単価が安くなりコスパはよくなりますが、古い酸化したオイルは肌トラブルの元。使用期限には十分に注意し、美容オイルが新鮮なうちに使いきれる量を購入するよう心がけましょう。

プチプラだから、高価だからという先入観で選ばず、肌質や目的別で選ぶ


高価だからといって品質まで保証されているかというとそうとは限らないのが美容オイル。純度や製法、オーガニックかどうかなどチェックし、自分が納得して安心できるものを選ぶのが美容オイル選びのポイントです。値段に惑わされず、自分の目でしっかり確認しながら美容オイルを選びましょう。

そして、美容オイルは種類によって効果も様々。自分の肌質や肌悩みなど、目的別で選んでいきましょう。自分のお肌にぴったり合う運命の美容オイルに出会えるといいですね!