ミスト化粧水は忙しいときやメイク後の肌の保湿などに大活躍!


ミスト化粧水は使い方を間違えると乾燥肌に…肌が潤う活用法

ミスト化粧水は、きめの細かい化粧水が霧のように顔全体に広がり、適度な水分や潤いを補うことができます。忙しくてスキンケアに時間をかけていられないとき、子育てに追われるママなど、片手でスプレーするだけで保湿ケアができるので重宝しているという方も多いのではないでしょうか。

ですが、ミスト化粧水の使い方を一歩間違えると肌を潤わせるどころかカサカサに乾燥してしまう場合があります。そこで正しい選び方や効果的な活用法をご紹介していきます。

関連画像をもっと見る

ミスト化粧水の選び方・効果的な使い方とは?


ミスト化粧水は使い方を間違えると乾燥肌に…肌が潤う活用法

まず、ミスト化粧水にはたくさんの種類がありますが成分を良く見て保湿成分が豊富に含まれたものやアルコールフリーのものを選ぶことをおすすめします。ミスト化粧水の中にはほとんどが水でできているものが多く、保湿成分が含まれていないミスト化粧水を使うと、肌に浸透する前に蒸発して乾燥を悪化させてしまうと言われています。

また、爽快感があったり毛穴を引き締めるミスト化粧水にはアルコールが含まれているものがあり、敏感肌や乾燥肌の方は刺激を感じやすいので注意が必要です。

ミスト化粧水は色々な使い方がありますが、中でもおすすめなのがメイク直しやメイクの上からの水分補給、洗顔後のブースターとして使う方法です。まず、メイク直しやメイクの上から保湿したいときに使うときには、余分な皮脂や汗を軽くティッシュで押さえて、顔全体にミスト化粧水を振りかけましょう。そして清潔な手のひらでハンドプレスをして馴染ませます。化粧水をメイクの上からつけるとヨレてしまうイメージがありますが、ミスト化粧水はふんわりとしたきめの細かいミスト状で出てくるのでファンデーションとの密着度を高めてくれますよ。お直しの場合、ミスト化粧水を浸透させたらルースパウダーをふんわり乗せて完了です。

保湿ケアに使うときには、化粧水の代わりとしてではなく洗顔後のブースター化粧水として使うといいでしょう。きめ細かいミストが洗顔後の肌にスッと馴染み、そのあと行うスキンケアの浸透力をアップさせてくれますよ。ミスト化粧水をハンドプレスして馴染ませたあとは、そのまま放置せずいつも通り化粧水、美容液、乳液、クリームなどを使って水分と油分を補うことがポイントです。

ハンドプレスをしてミスト化粧水を効果的に使おう


ミスト化粧水の使い方の基本はただスプレーするのではなく、ハンドプレスをしてしっかり馴染ませること。また、コットンを使うと摩擦を感じやすいけれど手のひらではムラになりやすい、という方もミスト化粧水なら顔全体に均等に塗布できるので便利です。ミスト化粧水を味方につけてあらゆるシーンで活躍させてみてくださいね。


 Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/