自分に合うのはどのタイプのボディクリーム?


ボディクリームの種類によって塗るタイミングを変えると良い!?

乾燥の季節に欠かせないボディクリーム。皆さんはどのタイプのボディクリームをつけていますか?ボディクリームにも色々な種類がありますよね。

○クリームタイプ
保湿力が高いのでドライスキンの方や冬に向いています。油分が多いのでベタつきが気になることも。

○ローションタイプ
体用の化粧水にあたるローションタイプは、さらっとした使い心地でオイリー肌の方に向いています。乾燥しやすい冬よりも夏の肌に使ったり、ニキビが出来やすい箇所に使うと良いそう。カバー力はないので、乾燥が激しい季節はローション後にクリームタイプを塗ると良いでしょう。

○ミルクタイプ
体用の乳液にあたるミルクタイプは、クリームよりもベタつかず、ローションよりも保湿力があります。ノーマルスキンの方に向いています。塗った後すぐに出かける場合など、服にクリームがつきにくいミルクタイプがオススメです。

○オイルタイプ
保湿力が高いのでドライスキンの方や冬に向いています。オイルとクリームを混ぜて使う方法もあり、様々な使い方があります。

関連画像をもっと見る

ボディクリームを効果的にするタイミングとは?


ボディクリームの種類によって塗るタイミングを変えると良い!?

○クリーム・オイルタイプの塗るタイミング
クリームやオイルタイプは油分が多いので、冷たいままだと伸びが悪いため、体が温まっている状態の入浴後に使うのがベスト。入浴後、体を拭く前にクリームやオイルを塗り、その後タオルで拭くと保湿力がアップすると言われています。

○ローション・ミルクタイプの塗るタイミング
ローションタイプはブースターとして体の水分がない状態で塗り、その後ミルクタイプやクリーム・オイルなどの保湿力が高いものを使うと良いそうです。

クリームタイプは体を拭かずに使うのがおすすめとは驚きですよね。気になった方はぜひお試しください。