鼻毛を処理しすぎると花粉の症状がひどくなる?


あらゆる細菌や花粉が体内に侵入!鼻毛の全処理は無防備になる?

気がつくとニョキニョキと伸び続ける鼻毛。なぜ私たちはあんなに細く小さいものに怯えなければならないのでしょうか?それほど鼻毛は印象を1発で台無しにしてしまうものですが、「決して見えてはいけない!」と思って1本残らず脱毛している人はいませんか?

さて、全ての鼻毛を処理してしまうとどうなるのでしょうか。鼻毛が見えないという安心を手にする代わりに、実は鼻の入口で防げる細菌を大量に吸い込んでしまうリスクが高くなっているのです!

鼻は呼吸をするときに空気中のホコリや細菌などの微生物を吸い込まないようにするフィルターの役割があるのです。ワサワサの鼻毛を一気に処理した日はくしゃみが多くなったりしませんか?これはホコリなどを吸い込んで起こる、一種のアレルギー反応なのです。

それによって風邪をひきやすくなるほか、花粉症の人は大量の花粉を体内に取り込むことになり、症状も悪化する可能性も懸念されます。

体にとって無駄なものはなく、それぞれ役割があります。とりわけ鼻毛は空気の入口でもあるので、鼻毛が持つ大事な機能を根こそぎ取れば不調を引き起こすのは合点がいきますよね。

関連画像をもっと見る

鼻毛の正しい処理方法とは?


あらゆる細菌や花粉が体内に侵入!鼻毛の全処理は無防備になる?

危険な鼻毛の処理方法を見ていきましょう。ブラジリアンワックスを使用した脱毛法が注目されていますが、確かに一気に処理する点だけに注目すれば非常に優れた方法ですが、その代償はなかなか大きいです。

根元から強引に処理されてしまうため、鼻の中の粘膜を傷つけてしまいます。鼻毛が一気になくなることで、空気によって鼻の中の保湿が失われアレルギー性鼻炎などを引き起こす原因にもなるのだとか!

鼻毛の機能を保ったまま適切に処理するには、鼻毛専用のハサミやカッターで処理するのがおすすめです。毛を切るだけなら、粘膜を傷つけることも少なく、フィルターの役割も果たしてくれます。

ただし、根元に近いところからザックリ切るのはやめましょう。できるだけ飛び出した鼻毛に絞って切っていくのがよいでしょう。また、処理するのは鼻の穴の入口付近に生えている毛にとどめておきましょう。あまり奥の鼻毛は処理しにくいため、粘膜を傷つけてしまう可能性があります。

今の季節は特に風邪や花粉に注意したい時期です、必要以上に処理しすぎてしまわないように、ほどほどに丁寧に処理していきましょう。