口元の粉吹きが気になる原因


口元のカサカサした粉吹きを解消する、簡単スキンケアとは?

乾燥して粉を吹きやすい口元。口元は会話や食事をしたりして頻繁に動かす部分であることや、ティッシュやタオルで拭く機会が多いため、摩擦が起こりやすいと言われています。

表皮の角質層は0.02mmという薄さですが、口元や目元、唇はもっと薄くて刺激に弱く、保湿をしても潤いを長時間保つことが難しいというわけなのです。

関連画像をもっと見る

口元のカサカサ粉吹きをなめらか肌にするコツ


口元のカサカサした粉吹きを解消する、簡単スキンケアとは?

スキンケアをするとき、きちんと口の周りまで保湿ケアをできていますか?頬やおでこなどの広範囲の部分を念入りにお手入れしていて、口元はうっかり保湿し忘れていた…なんて方も少なくないはず。目元はアイクリームなどの専用の化粧品があるものの、口元のケア用品はあまり多く売られていないため、化粧水や乳液などを重ね塗りして乾燥させないことが大切です。

洗顔をするときには、あらかじめ水分を弾く保湿クリームを口元に薄く伸ばしておくと乾燥を防ぎながら洗うことができますよ。洗顔後は保湿成分が豊富に含まれた化粧水をコットンにたっぷり含ませて、粉吹きや乾燥が気になる口元に貼って上からラップを重ねると保湿効果が高まります。コットンパックを外したら、乳液やクリームで油分を補いましょう。

外出先での口元の乾燥対策には、ミニサイズで持ち運びに便利なバームがおすすめです。メイク前後にバームを少し塗り込んでおくだけで粉吹きが軽減されますよ。

また、食事後などで口を拭くときには柔らかいティッシュやタオルを軽く当てる程度にしておきます。 口元のクレンジングは少し多めのクリームやミルクタイプのクレンジングを使って優しくマッサージをするようにメイクを浮かせていきましょう。

春は特に気をつけたい!口元の粉吹き対策


春は花粉が多くなるため鼻をかんだりマスクをしたりして口元に刺激や摩擦を与えてしまいがち。刺激や摩擦が加わると、肌のターンオーバーが乱れたりバリア機能が低下して肌トラブルを引き起こしてしまう場合があります。春は特に念入りに口元の保湿ケアを心がけて粉吹き対策をしてみてくださいね。


 Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/