【気になるシミの原因】美容液の前に意識したいこととは?


美容液の前に

シミができるメカニズム


そもそも、なぜシミはできてしまうのでしょうか。
肌が紫外線を浴びるとメラニン色素が生成されますが、本来そのメラニンは紫外線から細胞核を守る役割を果たしています。しかし長時間に渡り強い紫外線を浴びると、メラニンが通常よりも活発に生成されてしまいます。さらに、肌への刺激やストレス、加齢などによる肌のターンオーバーの乱れから、新陳代謝のサイクルが滞留し、メラニンも消えることなく残ってしまいます。このメラニンの色素が沈着し表に現れたのが、シミと呼ばれるものです。

関連画像をもっと見る

シミができる要因


シミの最も大きな原因は、紫外線を浴びてしまうことだと言われています。日差しが強い夏はもちろん、どの季節・天候においても紫外線は存在しており、外出時は日焼け止めや帽子など、きちんと紫外線対策を行うようにしましょう。

また本来肌を守る役割があるメラニン色素を沈着させ、シミにしてしまう原因の根底には、肌のターンオーバーの乱れがあります。ターンオーバーは生活習慣の乱れ、主に睡眠不足、偏食やストレスから生じます。そのため肌や体のためにも、できるだけ良質な睡眠、バランスの良い食生活を心がけることが大切です。

そして血行不良もターンオーバーを乱す原因になりえます。
血行が悪くなると、細胞に酸素や栄養が行き届きにくくなり、老廃物も溜まりやすくなります。特に喫煙は血行不良を引き起こし、さらにメラニン生成を抑制する働きがあるビタミンCを消費してしまうのです。

まずはこのようなシミのメカニズムと要因を理解し、シミが出来にくい生活をすることがすぐにできるシミ対策になります。

どうしたらシミは消える?美容液とシミの関係性


美容液とシミ

シミは消えるものなの?


近頃、たくさんの美白美容液が販売されていますが、そもそもシミはこのような化粧品で消すことができるのでしょうか。シミには幾つかの種類があり、美白化粧品により消えると言われているものと、そうでないものがあります。

シミはメラニンの色素沈着が原因になるため、メラニンを外に排出することによって、シミを改善できると言われています。またメラニンの生成を遅らせることで、シミをできにくくすることも期待できます。
効果を期待できる美白美容液はこの2つの作用を促してくれる働きがあるため、普段のスキンケアに取り入れることによって、一層シミのない美肌に近づけると言われています。

シミに効果があると言われる代表的な成分


では、シミに有効だと言われる成分にはどのようなものがあるのでしょうか。
大きく分けて、メラニンの生成を抑制する成分と、メラニンを還元する成分の2つがあります。

●メラニンの生成を抑制する成分

ビタミンC誘導体、アルプチン、コウジ酸、リノール 酸、プラセンタ、トラネキサム酸

これら成分はシミの元となるメラニン生成活動を抑制することによって、シミやそばかすを予防する働きがあります。

●メラニンを還元する成分

ビタミンC誘導体、ハイドロキノン

こちらは生成されたメラニンを還元する働きがある成分で、すでにできてしまったシミやそばかすを薄くして消す効果があると言われています。

シミに効果があると言われる美容液にはこのような美白成分が含まれているため、普段のスキンケアに取り入れることで、よりしっかりとシミ対策を行うことができるのではないでしょうか?
また多くの美白化粧品が販売されていますが、特に厚生労働省が定めた基準をクリアした「医薬部外品」は効果の面や安全性でも信頼できると言われています。

大切なのはシミの生成を防ぐ生活習慣


シミができる前に、シミの原因となる生活習慣を一度見直しましょう。規則正しい睡眠と適度な運動で肌のターンオーバーを正常に保ち、ビタミンC、Eやセラミドなど肌にいい成分を摂取するようにしましょう。
また、カフェインや糖分、アルコールはシミを悪化させる要因にもなりえるため、無理のない範囲で控えましょう。紫外線はもちろん、必要以上の肌への刺激もシミの生成につながるため、注意が必要です。

このようにシミには消えないものと消えるといわれるものがあります。まずはシミの生成を抑える成分と生活習慣でシミの生成を防ぎ、加えてシミを消すような成分で、できてしまったシミのケアをしていきましょう。

【シミの種類と対策方法】美容液で対策できるシミとは


美容液で対策

シミにはいくつかの種類があり、美白美容液によって改善が期待できるものとそうでないものがあります。まずは自分のシミがどのような種類のものであるのか知ることが、シミ対策の基本になるでしょう。

老人性色素斑


老人性色素斑は一般的にシミと呼ばれるもので、紫外線が原因で生成されます。頬骨やこめかみなどに左右非対称にでき、色は茶色っぽく、時間とともに濃くなることがあります。美白美容液での改善が期待できるシミです。

予防としては紫外線対策をきちんと行い、日々のスキンケアで美白美容液などの使用をおすすめします。

肝斑


肝斑は女性ホルモンのバランスが乱れることによってできるシミで、30〜50代の女性に多く見られるシミです。他にも妊娠出産、ピルの服用などが原因となって生成されることもあります。
目尻の下からこめかみ、頬骨付近などに左右対称に現れるシミで、色が薄く、肌のくすみに似ています。美白美容液での対策も可能ですが、セルフケアでは中々消しにくいと言われています。

予防としては、肝斑に特化したサプリメントや美白化粧品などを使用することが効果的だと言われていますが、肝斑は紫外線の影響も受けやすいため、きちんと紫外線対策も行うようにしましょう。

炎症性色素沈着


炎症性色素沈着はニキビや火傷、吹き出物などの、肌の炎症が元となって色素が沈着したものです。炎症時は赤くなっていますが、時間が経つとシミのように茶色に変化していきます。美白美容液での改善が期待できます。

予防としてはニキビや吹き出物をなるべく構わないようにして、色素沈着を起こさないようにしましょう。適度なピーリング等で肌のターンオーバーを促し、美白化粧品でシミを消すサポートをしましょう。

そばかす


そばかすは顔全体に点々と小さくできるシミで、遺伝性のものが多いと言われています。女性ホルモンや紫外線の影響を受けやすく、色の濃さが変化する場合もあります。そばかすは遺伝要因でできることが多いため、予防しても生成されてしまう可能性があります。

悪化させないためには紫外線対策をキチンと行い、スキンケアで肌をサポートしていきましょう。

このようにシミにはいくつかの種類があり、自身のシミ悩みに合った対策を行うことが大切です。
しかしどのようなシミでも、美肌を維持するためにも、美白を意識したスキンケアをするようにしましょう。またスキンケアの他にも、美白効果が期待できるサプリメントや美容医療などの美肌対策も一つの手です。自己判断で区別がつきにくい場合や原因がわからないシミが生成されてしまった時は、専門医に相談するようにしましょう。

美白に導く!シミ対策に嬉しい美容液の使い方


美容液の使い方

美白美容液の使用は、普段のスキンケアに加えやすい美白ケア方法です。ではお手入れの中のどのタイミングで、どのように美容液を取り入れるとより効果を感じられるのでしょうか?

美白美容液の取り入れ方


基礎化粧品の中に美白美容液を取り入れる場合、基本的なステップは以下の通りになります。

●洗顔後
1、化粧水
2、美白美容液
3、乳液・保湿クリーム

美容液によっては順番が異なる場合もあるため、用法用量を確認して使用するようにしましょう。

洗顔後・入浴後、化粧水をつけてからすぐに美容液を使用します。付け方としては、適量を手に取り、内側から外側へ、下部から上部へ優しくなじませるように肌に伸ばしていきましょう。

美白美容液の効果を高めるポイント


効果が高いと言われている美容液も、すぐにその効果が出るとは限りません。根気よく毎日使い続けることが大切です。

またシミが出来始める前からの使用がおすすめです。まず美容液でシミを予防することによって、より美白ケアの効果も感じられるかもしれません!

そしてメラニンの色素沈着を防ぐためにも、肌への刺激をおさえて使用するようにしましょう。

なるべく化粧水の水分が肌から出て行く前の使用をおすすめします。他の化粧品と混ぜての使用は効果が薄れる可能性があるため控えましょう。

誤ったケアは状況を悪化させる原因になりかねません。肌に異常がある時の使用は避けましょう。

自分に合った方法で正しくケアをして、出来るだけ未然にシミを防ぎ、シミを消していく効果を最大限に引き出せるように使用していきましょう。

無印にhakuなど!シミ対策におすすめ市販の美白美容液


無印とhaku

シミに効果がある!?と話題の、市販の美白美容液をご紹介します。どの美白美容液を使用しようか迷っている方は、美容液の特徴などを参考に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

プチプラ代表!無印良品 敏感肌用薬用美白美容液


ビタミンC誘導体を有効成分として配合し、紫外線などが原因のシミやソバカスを防ぎます。また、乾燥・ストレスなどによりトラブルを引き起こしてしまう敏感肌に対しても優しくケアし、しっとりとうるおいを保った健やかな肌に導きます。

天然植物成分を配合していたり、岩手県釜石の天然水を使用していたりと、無印良品らしいこだわりが詰まっていますよ。この美容液は低刺激性のシリーズの商品であるため、敏感肌の方にもおすすめです。

コスパも良いと話題の無印良品の美白美容液。美白ケアは続けることが大切ですので、プチプラだと無理なく継続して利用しやすいですね!

医薬部外品50ml 1,288円 (税抜)

ベストコスメ受賞!HAKU メラノフォーカス


美白有効成分としてメラニン色素の過剰生成を効果的に抑制する4MSK、メラノサイトの活性化を効果的に抑えるm-トラネキサム酸を組み合わせて配合。長年の研究からこの2つの成分を組み合わせることで肌への浸透力が高まることが判明し、美容液の成分に採用されました。

さらにシミの発生を抑制する成分も配合されており、2つの美白有効成分を効かせたい肌の奥まですばやく届けてくれます。

HAKUといえば、美白美容液といったらこれ!と指名されるほど。2005年の販売以来13年連続で美白美容液売り上げNo.1という人気を誇る美容液です。2018年3月21日にメラノフォーカスVとしてリニューアルし、Vカット複合体(整肌・保護成分)を新配合して登場します。

医薬部外品 45g 10,000円 (税抜)

無印良品、HAKUとどちらも口コミでの評価が高い、市販で手に入れやすい人気の美白美容液です。
数多くある美白美容液の中でどれにしようか検討中の方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

2017、2018年アットコスメでシミ対策に人気!プチプラ美容液は?


プチプラ

美白美容液はより効果を実感するためにも、長く使いたいものです。ここからは長く使いやすいプチプラ、かつドラッグストアでも市販されている、2017年、2018年のアットコスメでも評価が高い美白美容液をご紹介いたします!

口コミ評価上昇中!メンソレータム メラノC


透明感にこだわった美白有効成分「活性型ビタミンC」と、血行促進成分「ビタミンE誘導体」をWで配合した薬用美白美容液。独自の浸透処方で、美白有効成分が角質層の奥深くまで届き、メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防いでくれます。

さらにニキビを予防し、ニキビの痕が気になる肌にもうるおいを与えて肌を整えます。お手入れの一番最後にポイント使いをするのもオススメです。アットコスメでも評価が高く、多くの方が効果を実感していると評判です。

医薬部外品 20ml オープン価格

ちふれ 美白美容液 W


美白成分アルブチンと安定型のビタミンC誘導体によるダブルのアプローチで、メラニンの生成をおさえシミ・ソバカスを防ぐ薬用美白美容液です。

また、ヒアルロン酸やトレハロースも配合しており、保湿効果も期待できます。

手頃な価格で高品質なアイテムを提供するちふれの中で、隠れたヒット商品として、今話題です。

医薬部外品30ml 1,100円(税抜)

毎日のスキンケアに美白美容液を取り入れるためにも、プチプラで手軽に購入できれば嬉しいですよね。

試しやすい価格帯のものばかりですので、試しながら自分に合ったものを見つけてみてはいかがでしょうか?

シミは美白美容液で早めの対策を!


早めの対策

シミのない美肌を目指すためにはまず、シミの原因を知り生成を防ぐことが大切です。また、シミの種類によって生成対策と改善方法は異なるため、自身のシミの特徴を把握し、適したケアを取り入れ、自分にあった美容液を選びましょう。

肌に合わないなどのトラブルが起きた場合には、自分で対処せずに皮膚科を受診しましょう。

そして、シミに有効な成分をより効果的に取り入れるためにも、正しく美容液を使用することが大切です。取り入れるタイミングや使用法を意識し、また合わせて生活習慣も見直していければ、より効果を感じられるかもしれませんよ!

美容液で予防と対策をしながら、内側からきれいな女性を目指していきましょう!