肌を守るだけではシミ、シワは防げない?紫外線から目を守れ!


目の日焼けがシミを増やす?サングラスをかけてシミとシワを防ごう!

花見をしたり、BBQをしたり。暖かくなると気持ち的にも外に出る機会も増えますよね。春の紫外線は意外に侮れません。お肌を露出し過ぎないようにしたり、日焼け止めを塗ったり。でもこれらの対策で紫外線対策は万全と言えるのでしょうか?

答えはNO。

紫外線でシミやシワの原因となるのは、何も「お肌に紫外線を浴びなければ大丈夫」というわけではないのです。

地上に届く紫外線はUV-AとUV-Bに分かれます。波長の長さによって分けられますが、このうち春に強くなるUV-Aは波長が長く、お肌の真皮層にまで届くと言われている紫外線です。

このUV-Aはシミやシワの原因とも考えられていますが、なんとお肌のみならず「目」にも影響を与えてしまうというのです。

関連画像をもっと見る

目に入る紫外線がシミの原因に?UVカットのサングラスで肌を守ろう!


目の日焼けがシミを増やす?サングラスをかけてシミとシワを防ごう!

紫外線を目に浴びてしまうと、なんとお肌も日焼けしてしまうと言われています。これは、紫外線によって目の細胞にダメージを受けてしまうと、脳が「強い日差しを受けている」と判断して、メラニン色素を作るように体内に指令を出してしまうのだとか!

言わずもがな、体内にメラニン色素が増殖されると、シミやシワなどの原因につながってしまいます。

こうした目への紫外線対策として有効なのが「サングラス」です。帽子や日傘という方法もありますが、これらは地面からの照り返しには効果が薄く、目を守るには不十分です。

サングラスは、目に入る紫外線の約9割を防ぐとも言われています。欧米などでは目の色素が薄いこともあり、目への紫外線対策も進んでいます。そのため、日常的にサングラスをかけることが多いのですが、日本だとこうした習慣がないため出勤時などにかける人を見かけることは少ないです。

「出勤時にサングラスはちょっと」という人はUVカットのメガネなどでも効果があります。実はレンズの色が濃ければ紫外線がカットできるというわけではありません。

紫外線は老化の原因のなかでも、かなり大きい影響を与えます。UVカットのサングラスやメガネでシミやシワをしっかり防ぎましょう!