メイクする際、横顔の美しさまでしっかりチェックしていますか? 実は周りの人からは、正面の顔よりも横顔を見られることのほうが多いため、横顔を意識したメイクは重要に! そこで今回は、ヘアメイクアップアーティストの廣瀬友理子さんに「横顔美人メイク」のポイントを教えてもらいました。

「横顔」が大事な理由とは?

自分の顔を見る時って鏡に映った正面の顔ですよね。でも周りの人からは、横や斜めなどの角度から見られることがほとんど。また、実は、正面の顔よりも「たるみ」などが目立ちやすいため、メイクの際は横顔を意識することが大切なんですよ。それでは細かいポイントを見ていきましょう。

「横顔美人メイク」パーツ別のポイントを解説

・眉
普段のメイクより少しだけ長め、と眉尻の終わりを意識して描きます。ただし、眉頭より眉尻が下がっていると、たるんで見えがちなので、眉頭よりは下げないように注意しましょう。

・アイライン
目尻より5mmほどはみ出すようなイメージで、気持ち長めに引くと◎。色の薄いアイライナーなどを使用し、肌に溶け込むようなラインを描くのがおすすめです。

・チーク
横幅が出るよう意識して、普段よりちょっとだけ広めになじませて。しっかりぼかして肌に溶け込ませれば、横に広めに入れてもナチュラルに仕上がります。

・リップ
口角が下がりぎみの人は、コンシーラーを使って下唇の輪郭を上向きになぞるひと手間を加えると◎。また、口角に丸みがあると下がって見えがちなので、リップはブラシで塗り、キュッと引き締まった口角を意識しましょう。

・フェイスライン
横から見ると輪郭はボテっと見えがち。気になる場合は耳下からあご先(赤枠)にシェーディングをON。シェーディングは、顔と首の色の差を防ぐのにも効果的! フェイスラインだけでなく、耳後ろ〜首も入れた部分(青枠)までスッとシェーディングを入れるのがコツですよ。

横顔を意識してメイクをすると、顔全体がシュッと引き締まって小顔に見えたり、立体感が出て生きいきして見えたりといいことばかり! 正面も横顔も美人見せして、新しい出会いが増えるこの時期を楽しんでくださいね♪

【使用化粧品】
資生堂 アイブロー スタイリング デュオ BR602
マキアージュ シークレットシェーディングライナー
資生堂 フェースカラー エンハンシング トリオ OR1

photo:鈴木花美 model:萱野裕美

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。