女性ホルモンの乱れを整える!? アロマオイルについて


頼れる身近なセラピスト「アロマ」で女性ホルモンの乱れを整えよう!

鼻からアロマオイルのにおい成分をかぐことで、感情や欲求などに深く関わる大脳辺縁系からホルモンの調節をする視床下部に伝わり、心身に良い影響を与えると言われています。生理前などホルモンバランスが乱れやすい時期は、是非活用したいですね。

【女性ホルモンの乱れを整えると言われるアロマオイル】

<クラリセージ>
女性ホルモンに似た成分を含むオイルで、PMSや体のコリ・不眠などの症状を改善する効果が期待できます。

<ゼラニウム>
バラに似たエレガントな香りのアロマオイル。特に月経1週間前から使用すると月経痛緩和に効果的と言われています。

<スイートオレンジ>
血管を拡張する働きがあると言われており、冷えやむくみの解消が期待できるほか、落ち込んだ気分を明るくさせてくれます。

【使用時の注意点】
妊娠中もしくは妊娠の可能性がある女性はクラリセージ・ゼラニウムの使用を控えるようにしましょう。

関連画像をもっと見る

女性ホルモンの乱れ・心の疲れに◎アロマオイルの使用方法


頼れる身近なセラピスト「アロマ」で女性ホルモンの乱れを整えよう!

アロマオイルの使用方法には芳香浴法・吸入法・マッサージなどがあります。

【アロマオイルの使用方法】

<芳香浴>
一般的にはアロマポットを使用し、部屋にアロマオイルの香りを拡散する方法が有名ですが、手軽に実践できるティッシュやハンカチを使った芳香浴もおすすめ。精油を1〜2滴垂らしてデスクや車に置いておくだけでも香りを楽しめますし、枕元におくことで心地良い眠りを誘ってくれます。

<マグカップ蒸気浴>
約40度のお湯を200ml分マグカップに注ぎ、精油を1〜2滴垂らします。立ち上がる蒸気をかぎ、呼吸からじっくりとにおい成分を取り込みましょう。

<マッサージ>
精油をマッサージ用に使うキャリアオイルに混ぜ合わせ(希釈濃度は1%以下)、円を描くように仙骨部分(お尻の割れ目の上)をマッサージしましょう。仙骨を優しく刺激することでホルモンバランスが整いやすくなります。

いかがでしたか?疲れが溜まりがちな方や、月経時の諸症状でお悩みの方は参考にしてみてくださいね!