シミを作る原因となる、NG習慣とは!?


シミを作る意外なNG習慣…。当てはまったら早めに対策しましょう!

それでは、シミの原因となる日常生活でのNG習慣をご紹介します。この中に、知らずにやっていた!という意外なものはあるでしょうか。是非チェックしてくださいね。

【シミの原因になるNG習慣とは?】
<砂糖の過剰摂取>
砂糖が入っているものを食べると、シミができやすいと聞いたことはありませんか?これは糖を過剰に摂取すると余った糖とタンパク質が繋がり、褐色の老化促進物質が作られるからだそうです。お菓子だけではなく揚げ物や、焼き目がついたものも体を糖化させる原因になるようなので、気をつけた方が良いですね。

<メイク道具>
合成着色料が入っているものはメラニンを肌に沈着させ、シミの原因になることもあるのだとか。また、メイクを塗る時や落とす時の摩擦がシミの原因になることもあるそうです。

<クリームやオイル>
シミの原因となるメラニンは、皮膚にある油分が空気に触れて酸化することでも増えることがあるそうです。過剰な油分を肌に残さないように気をつけましょう。

<美顔器>
美顔器の種類にもよりますが、直接肌に触れる美顔器は、摩擦によりシミが増える原因になるので、強くこすったり、頻繁に使うのは気をつけた方が良いそうです。

<メガネ>
鼻のパッド部分がシミになりやすいのは、摩擦と圧迫によるものだと言われています。

<激しい運動>
呼吸が荒くなるほどの激しい運動をすると、体内に酸素を多く取り込もうとするため、活性酵素が多くなり体が酸化しやすくなるのだそうです。酸化するとメラニンの生成を促進させることになるので、運動後のケアも必要ですね。

関連画像をもっと見る

シミを作るNG習慣への対策とは!?


シミを作る意外なNG習慣…。当てはまったら早めに対策しましょう!

NG習慣の方を読んで、ハッとした方は、是非こちらの対策をお試しください。即効性は期待できませんが、継続して対策することで、効果があらわれるかも知れません。

【シミの原因となるNG習慣をOK習慣にする対策】

<砂糖ジミ対策>
テンサイ糖、黒砂糖、メープルシロップ、ハチミツなどミネラルが豊富で自然由来のものを使いましょう。これだけ食べたらシミができやすいという目安はないので、とにかく過剰な甘いものの摂取は避けましょう。揚げ物も同様に、要注意なのでバランスの良い食事を心がけましょう。

<メイクジミ対策>
メイクによるシミは摩擦によるものが多いので、塗るときも落とす時も優しく軽いタッチで行うと良いそうです。特にこれからの季節は、ウォータープルーフのものを落とす機会が増えるので、専用のクレンジングで優しくしっかり落とせるものを使いましょう。また、日焼け止めを落とす時も、落ちにくいからと強くこすらないようにしましょう。

<クリーム・オイルジミ対策>
油分が長時間、空気に触れていると酸化しやすいので、夜のスキンケアでつけたクリームやオイルは朝にしっかりと洗い落としましょう。保湿のためにずっとつけておくのは逆効果です。

<美顔器ジミ対策>
例えば、美顔ローラーやカッサなど、肌に直接触れて良い刺激を与える美顔器などは、適度な使用時間であれば美容に効果的ですが、過剰な使用はその摩擦が肌への負担となることもあるので、注意しましょう。美顔器の使用上の注意などを、今一度説明書で確認すると良いですね。

<メガネジミ対策>
長く同じメガネを使っていると、メガネパッドが正しい位置からずれていることもありますね。メガネ屋さんで調節するか、思い切って新調するのも◎。軽量タイプのメガネにすると鼻への圧や摩擦も減らすことができます。

<激しい運動ジミ対策>
軽い運動は肌のターンオーバーを促進するので、運動後のクールダウンに、ウォーキングなどを取り入れると良いかもしれませんね。

いかがでしたか?保湿やメイク、美顔器など、綺麗になりたくてやっていることなのに、それがシミの原因になることもあるだなんて怖いですね。当てはまるものがあったら早めに対策しましょう。