梅雨から夏にニキビができやすくなる理由


梅雨から夏にニキビが増えやすい原因は?ニキビを防ぐスキンケア

梅雨のジメジメした時期から、汗をかきやすい夏になると、皮脂分泌が増えて毛穴を詰まらせることでニキビができやすくなると言われています。

それだけでなく、紫外線を浴びると活性酸素が発生して肌に刺激を与えるため、肌のバリア機能が低下してニキビの原因になったり、洗顔しすぎや冷房の効いた空間にいることで肌が乾燥して皮脂分泌を過剰に促してしまう可能性も…。

肌表面は汗や皮脂で潤っているように思いがちですが、肌の内側は乾燥している状態に陥りやすいので、夏のスキンケアは特に気を使いたいものです。

関連画像をもっと見る

ニキビを作らせないための夏向けスキンケアとは?


梅雨から夏にニキビが増えやすい原因は?ニキビを防ぐスキンケア

夏は冷房や紫外線などが肌の乾燥を招きやすいので、想像以上に乾燥しやすい状態だと言われています。汗や皮脂で肌がベタつきやすい季節なので、洗顔料を使った洗顔が必要不可欠ですが、過剰に何回も洗顔をすると肌が急激に乾燥してしまうので気をつけましょう。

洗顔は朝と夜の2回までにして、泡で包み込むように洗ってからぬるま湯でしっかり洗い流します。汗をかいたら、濡らしたハンカチやタオルで優しく拭って清潔な状態をキープしてくださいね。

化粧水はさっぱりとしたテクスチャーのものを何回かに分けて浸透させて、乳液を薄く伸ばして水分と油分をしっかり与えてあげましょう。乾燥しやすい部分は、化粧水をたっぷり含ませたコットンパックをすると効果的です。

そして、シミ予防だけでなくニキビを防ぐためにも紫外線対策が欠かせません。低刺激の日焼け止めをこまめに塗り直したり、ニキビができている場合は、ニキビ用の日焼け止めを使ったり、日傘や帽子などをうまく活用するといいでしょう。

インナーケアでは水分をたっぷり摂りつつ、ビタミン類が豊富な緑黄色野菜や果物を積極的に食べて、質の良い睡眠を心がけたりと身体の中からケアしてあげることも大切ですよ。

夏の肌は意外とデリケート…ニキビ予防をしてなめらかな肌に


梅雨から夏にかけて紫外線量がピークになり、汗や皮脂が分泌されて毛穴が詰まったり、冷房により肌が乾燥しやすくなったりと敏感に傾きがち。 過剰な洗顔は避けて潤いをたっぷり与えるスキンケアを心がけつつ、紫外線対策とインナーケアにも力を入れてニキビ予防をしていきましょう。


 Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/