肌のごわつきやザラつきは紫外線によるターンオーバーの乱れが原因かも…


つるつるすべすべ肌になるにはピーリングよりも紫外線対策が大切⁉︎

肌を触るとザラザラしていたり、ファンデーションのノリがいつもより悪いと感じたときは、肌のターンオーバーが乱れて古い角質が蓄積されているのかもしれません。

新しく肌細胞が作られると、古くなった肌細胞が肌の角質層まで押し上げられ、アカとなって剥がれ落ちていく肌のターンオーバーは一般的に28日周期で行われています。

ですが、紫外線やストレス、加齢や睡眠不足などによりターンオーバーが乱れて老廃物が溜まったり、毛穴が詰まりやすくなり、角質層が分厚くなるため肌がごわついてしまうのです。

関連画像をもっと見る

夏の紫外線をしっかりカットして触りたくなるつるつる肌に


つるつるすべすべ肌になるにはピーリングよりも紫外線対策が大切⁉︎

夏の肌は、ぐんと増える紫外線によるダメージと冷房による乾燥、さらには汗や皮脂の分泌により肌のバリア機能が低下してしまいがち。夏は汗や皮脂で肌が潤っていると勘違いしやすく、肌のバリア機能が低下していることに気付きにくいと言われています。

肌のバリア機能を高めてごわつき肌を解消するには、紫外線対策と保湿ケアを重視していきましょう。

紫外線が肌に降り注ぐと角質層が剥がれやすく、ターンオーバーが乱れてしまうため、つるつる肌に近づくには紫外線対策が必要不可欠です。庭のお手入れや洗濯物干し、近場への外出や運転など、ほんの少しの時間でも紫外線が降り注いでいます。朝、日焼け止めクリームを塗っても、汗や皮脂、擦れなどにより数時間で日焼け止めが落ちてしまうため、とにかくこまめに塗り直すことが大切ですよ。

また、目に紫外線が降り注いだだけでも日焼けすると言われているため、UVカット効果のあるコンタクトレンズやサングラスを着用することをおすすめします。

スキンケアでは、古い角質を無理矢理ピーリングや洗顔で落とそうとして擦ると、余計にターンオーバーが乱れてしまいます。クレンジングや洗顔はもちろんのこと、化粧水や乳液をつけるときにも、肌を擦らないように気をつけてくださいね。

夏は汗や皮脂が分泌されて肌の表面はしっとりと潤っているように思いますが、肌の内側はカラカラに乾燥している場合があるため、化粧水でたっぷりの潤いを与えて、乳液やクリームで適度な油分を補ってあげましょう。

紫外線対策と保湿ケアでごわつき肌を解消!


紫外線対策をしっかり行うことで、ごわつき肌となるターンオーバーの乱れを防げるだけでなく、将来の肌老化を予防することもできますよ。無理な角質ケアをせずに保湿ケアで肌のバリア機能を高めつつ、つるつるすべすべの美肌を手に入れてくださいね。


 Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/